九州大学大学院歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野 九州大学病院 顎口腔外科

入局希望者・歯学生の方へFor students and residents

先輩の声

  • 松原 良太
  • 緒方 謙一
  • 金子 直樹
  • 石黒 乃理子
  • 松村 万由
  • 宗村 龍祐

松原 良太

  • 入局を決めた理由

    学生の頃より口腔外科に興味・関心があり、また、口腔外科専門医を取得したかったためです。

  • 入局して良かった点

    一般歯科では行うことが困難な口腔外科疾患の症例数が多く、腫瘍、骨折等様々な疾患を経験することができました。また、入局理由であった口腔外科専門医取得も実現することができました。
    口腔外科を通して幅広い人間関係を築くことができている点も入局してよかった点だと感じています。

  • 後輩へのアドバイス

    大学院時代は研究を通して、『物事を理論的に考える力』を学びました。そのことが今、口腔外科の臨床に役立っています。大学院生活は一見臨床家への回り道と思われますが、決してそんなことはありません。一つの症例をじっくり考えることが一人前の臨床家になる近道です。目標を持って臨床、研究に打ち込んでください!!そして一緒に口腔外科を学びましょう!!

  • 経験した実務内容

    病棟では骨折や腫瘍に対する全身麻酔下での手術を行っています。また、全身疾患を有する患者に対して口腔内の管理だけでなく、全身的な管理も行なっています。外来では抜歯や嚢胞などの局所麻酔下での小手術を行っています。

  • 学んだこと

    大学院生活を通して『物事を理論的に考える力』を学ぶことができ、そのことが臨床に生かされています。一症例をより深く考察し、解決方法を見出す臨床力を学ぶことができています。
    また口腔外科は入院施設があり、病棟業務を通して口腔管理だけでなく、全身管理(血圧、血糖コントロールなど)を学ぶことができ、全身を把握することで臨床の幅も広がりました。

  • 余暇の過ごし方

    家族、子どもたちとドライブに行く!バスケットバールをする!HDDに録画したドラマ、映画を一気に観る!海と時間があれば、スキューバダイビングをしたい(最近はめっきりできてません。。。)。

緒方 謙一

  • 入局を決めた理由

    学部学生の時から口腔外科に興味があったことと、大学院に進学して口腔外科領域の再生医療研究をしたいと思っていたからです。

  • 入局して良かった点

    一般歯科では経験のできない症例について勉強できたことです。また、口腔外科という科の特性上、親知らずの抜歯が多く経験できる点も良かったと思っています。
    教員の先生や諸先輩方がやさしく指導してくださったお陰で、今では難なく親知らずの抜歯ができるようになりました。

  • 後輩へのアドバイス

    まだ、口腔外科の臨床に戻ってきて1年程度で、臨床経験は浅いので日々勉強です。アドバイスらしいことは言えないですが、今自分にできることを全力ですることだと思います。
    あと、英語は話せるにこしたことはないので、勉強していて損はないと思います。

  • 経験した実務内容

    今は、口腔外科の臨床がメインです。当科は、外来医と病棟医が分かれており、そのどちらかに属して治療を行います。どちらに所属しても大変勉強になります。
    大学院生時代は、研究がメインでした。普段の臨床とは異なり、細胞培養や組織染色など通常では絶対に経験できないことができました。研究は本当に楽しいですよ!

  • 学んだこと

    大学院では、中村教授にお願いして、名古屋大学口腔外科で再生医療の研究を4年間させていただきました。自分がしたいことをやらせてもらえる医局です。大学院生時代に学んだことは、何事も論理的に考えてその解決方法を探るということです。これは、普段の臨床の現場にも言えることだと思います。何故こうなったかどうしたらもっと良い治療ができるのかを常に考えるようになりました。大学院進学に迷っている方は、是非進学されることをおすすめします。そして、一緒に臨床・研究をしましょう!

  • 余暇の過ごし方

    本を読むことが好きなので、暇さえあれば読書をしています。ジャンルは何でも読みます。あと、パンが好きなので、休日はベーカリー巡りをしています。

金子 直樹

  • 入局を決めた理由

    口腔外科で全身管理や外科処置を学べれば、必ず将来役立つだろうと考えたためです。

  • 入局して良かった点

    入局当初はそこまで口腔外科に興味はなかったのですが、入局して様々な症例を経験するうちにどんどんと口腔外科が好きになりました。
    そして何よりも大学院に入り、研究できたことは本当に貴重な経験でした。
    また、多くの先輩方や同期、後輩と出会えたことは本当に良かったと思います。中村先生の下で芸出しの技術も磨かれました!

  • 後輩へのアドバイス

    長い歯科医師人生ですし、せっかくですので大学院に行くことをお勧めします。
    口腔外科なら臨床と研究を両立できますし、今は研究に興味がない方も、始めてみると楽しいものです。
    学会発表で国内外問わず、様々なところに行けるのも魅力です。

  • 経験した実務内容

    埋伏歯の抜歯に始まり、のう胞の摘出・開窓、骨折の治療などの手術手技と共に、診断の手順、術前術後の全身管理についても学びました。
    学会では日本全国様々な場所で発表したと共に、アメリカや台湾でも発表を行いました。

  • 学んだこと

    なんでも一生懸命取り組めば楽しいということです。
    仕事が楽しくなれば、毎日が楽しくなりますし、さらに学ぼうという意欲が湧いてきます。
    口腔外科の医局に入って本当に充実した日々を送れていると実感しています。

  • 余暇の過ごし方

    温泉に行ってゆっくりします。

石黒 乃理子

  • 入局を決めた理由

    学生時代から、大学院に進んで専門分野と強みを持った歯科医師になりたいと思っていました。もともと口腔外科や解剖に興味があったということもあり口腔外科を考えていたのですが、学生が終わる時にはまだ決断できていなかったため、研修は色々な科をローテートできる九州大学のA2コースを選択しました。研修医の時に実際に口腔外科業務を経験し様々な症例を持つ中で、大学病院でしかできないことが経験できる分野だと思ったので、口腔外科に入局いたしました。

  • 入局して良かった点

    研究も臨床もでき、バイトも行けるので一般歯科も経験できます。バイト先も医局が紹介してくれ、奨学金ももらっているので、金銭面の心配なく大学院生活を送れています。国内だけではなく国外(ノルウェー、アトランタ、ハワイ、フロリダ)の学会参加や発表も経験させてもらいました。新入生歓迎会、海、山登り、医局旅行、同門会、忘年会、などイベントもたくさんあるので先生方と仲良くなれます。

  • 後輩へのアドバイス

    入局した頃は全く何もわからなかった私ですが、口腔外科も4年目の今、抜歯だけのバイトも行けるようになり、研究も形になってきています。臨床においても研究においても、口腔外科にはたくさんの先輩方がおられ教えてくれますので、心配はいらないと思いますよ。

  • 経験した実務内容

    外来業務、病棟業務、研究、学会発表。

  • 学んだこと

    歯科の中でも特に全身に関わる分野だと思います。口の中だけではなく、全身を診ることの大切さを学びました。
    命に関わることもあるので、臨床では先生方は当然厳しい面もあります。一人一人の患者さんに向き合う姿勢は見習うべき点が多いです。

  • 余暇の過ごし方

    旅行に行ったり、実家の長崎に帰ったりとゆっくり過ごしています。夫や家族との時間も大切にするように心がけています。

松村 万由

  • 入局を決めた理由

    私が入局を決めた理由は、「今しか出来ないこと」がやりたいと思い入局を決めました。入局を決めるまでは色々と迷いましたが、手術室や外来での先生方の姿がとても素敵で魅力を感じたのを今でも覚えています。

  • 入局して良かった点

    入局して良かった点は、2つあります。まず一つ目は、学生の頃は苦手意識が強かった「口腔外科」が好きになれたことです。口腔外科は楽しいです。2つ目は沢山の方々との出会いがあったことです。医局の先生方をはじめ、病棟・外来スタッフ、患者さん、他科の先生方、学生の皆さんなど挙げたらキリがありませんが、本当に多くの方々との出会いによって、今の自分があることを実感してます。

  • 後輩へのアドバイス

    入局を考えてる皆さんに出来るアドバイスとしては、口腔外科に進んだとしても、一歯科医師として、目の前にいる患者さんに必要な治療計画を立てて、実践出来ることが必要だと思います。その為には、歯周、歯内、補綴、小児、矯正、外科のすべてのことを学んでいく必要があることを実感しました。なので、どこの科に進路を決めるというよりも、どこの科を中心に自分のなりたい歯科医師像に近づいていくかだと思います。まずは、どんな歯科医師になりたいかを考えてみてください!!外科を中心にしてみませんか?一緒に頑張りましょう!!大歓迎です!!!

  • 経験した実務内容

    入局して3年目ですが、外来を6ヶ月、病棟を1年6ヶ月経験しました。抜歯や外科小手術を学んだり、病棟では口唇口蓋裂、悪性腫瘍や骨折などの手術の助手で入ることもあります。その他にも、歯科医院での勤務も非常勤でしており、一般歯科も学んでいます。

  • 学んだこと

    入局して3年目ですが、昨年は病棟で様々なことを経験させて頂きました。その中でも、特に印象深く残っているのは患者さんの命に向き合う場面が多かったことです。患者さんの体にメスを入れて、術をなすことに対しての準備と責任感を感じました。それは、歯科医師として働いていく上でどんな治療にも通ずることなのではないかと思います。

  • 余暇の過ごし方

    休みの日は、友達や家族と過ごすことが多いです。また、定期的に先生方のご自宅でホームパーティー(年初めの餅つき大会、BBQなど)が開催されます。仕事場の先生方とは違い、アットホームな雰囲気でとても楽しいです。

宗村 龍裕

  • 入局を決めた理由

    口腔外科に興味があり、学生実習および研修医時代に顎口腔外科での診療に魅力を感じたため。

  • 入局して良かった点

    新入局員が1人であり、例年以上に多くの症例を経験出来ていること。

  • 後輩へのアドバイス

    入局1年目ですが、多くの症例を経験出来、非常に充実した日々を過ごせています。

  • 経験した実務内容

    病棟業務

  • 学んだこと

    一つ一つの症例に対する考え方。

  • 余暇の過ごし方

    買い物や旅行、趣味に時間を費やしています。

ご見学やお問い合わせはお気軽にご連絡ください
TEL.092-642-6447
お問い合わせ