九州大学大学院歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野 九州大学病院 顎口腔外科

当分野についてAbout us

業績紹介

2018年

受賞
  • Congress of Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeon: KAOMS 2018.4.26-28にて、Best award on International Youth Session Presentationを受賞

  • Mizuki Sakamoto

    Involvement of innate immune responses in the pathogenesis of Sjögren’s syndrome via Toll like receptor 8

  • 日本口腔科学会 学術集会 2018.5.11-5.13にて優秀ポスター賞を受賞

  • 服部多市

    舌エコーの画像所見による潜在的頸部リンパ節転移の予測

  • 坂本瑞樹

    シェーグレン症候群の病態形成におけるToll様受容体を介した自然免疫の関与

  • 14th International Sjögren’s Syndrome Symposium in Washington(2018.4.11-4.13)にてTravel awards を受賞

  • Yuko Ono

    RoRγt antagonist suppressed spontaneous sialadenitis in RORγt transgenic mice via inhibition of IL-17 production with increase of regulatory T cells

  • Akira Chinju

    Clinicopathological analysis of labial salivary gland tissues from patients with IgG4-related disease

講演
  • 梯 裕恵

    骨吸収抑制薬関連顎骨壊死に対する医科歯科連携の重要性
    Bone Health 学術講演会~乳癌編~ 2018.2.16

学会発表
  • 服部 多市

    舌エコーの画像所見による潜在的頸部リンパ節転移の予測
    日本口腔科学会 学術集会 2018.5.11-5.13

  • 坂本 瑞樹

    シェーグレン症候群の病態形成におけるToll様受容体を介した自然免疫の関与
    日本口腔科学会 学術集会 2018.5.11-5.13

  • Ami Funada

    An infant with cleft lip and palate successfully acquiring normal speech and language function regardless of a long-term tracheal cannulation because of laryngotracheal stenosis
    Congress of Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeon: KAOMS 2018.4.26-28

  • Mizuki Sakamoto

    Involvement of innate immune responses in the pathogenesis of Sjögren’s syndrome via Toll like receptor 8
    Congress of Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeon: KAOMS 2018.4.26-28

  • Noriko Ishigro

    Activated M2 macrophage via its Toll-like receptor 7 contributes to the pathogenesis of IgG4-related disease
    14th International Sjögren’s Syndrome Symposium in Washington 2018.4.11-4.13

  • Yuko Ono

    RoRγt antagonist suppressed spontaneous sialadenitis in RORγt transgenic mice via inhibition of IL-17 production with increase of regulatory T cells
    14th International Sjögren’s Syndrome Symposium in Washington 2018.4.11-4.13

  • Mizuki Sakamoto

    DNA microarray analysis of labial salivary gland in Sjogren's synderome indicates a role for innate immune responses in its pathogenesis via Toll like receptor8
    14th International Sjögren’s Syndrome Symposium in Washington 2018.4.11-4.13

  • Akira Chinju

    Clinicopathological analysis of labial salivary gland tissues from patients with IgG4-related disease
    14th International Sjögren’s Syndrome Symposium in Washington 2018.4.11-4.13

  • 石黒乃理子

    TLR7を標的としたIgG4関連疾患モデルマウスの検証
    第11回IgG4研究会 2018.3.10

  • 坂本瑞樹

    IgG4疾患患者の口唇腺組織における臨床病態学的検討
    第11回IgG4研究会 2018.3.10

  • 金子 直樹,川野 真太郎,松原 良太,服部 多市,田中 翔一,新井 伸作,大部 一成,中村 誠司

    下唇癌に対してadvancement flapにて再建を行った1例
    第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.1.25-1.26

  • 橋口 有真、川野 真太郎、後藤 雄一、松原 良太、金子 直樹、坂本 泰基、服部 多市、 田中 翔一、中村 誠司

    口腔扁平上皮癌におけるΔNp63に関連した miR-205の役割について
    第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.1.25-1.26

  • 三上 友理恵、大部 一成、松原 良太、北村 亮二、清島 保、川野 真太郎、中村 誠司

    後発転移リンパ節に腺扁平上皮癌を認めた舌原発扁平上皮癌の1例
    第36回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.1.25-1.26

  • 松村香織、新井伸作、鮒田(前野)亜実、光安岳志、森悦秀、中村誠司

    九州大学病院における出生前カウンセリングの状況
    第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会

活動
  • ミャンマー連邦共和国における医療援助(ヤンゴン歯科大学)

    九州大学病院 顎口腔外科 光安岳志


    ヤンゴン歯科大学スタッフと一緒に。

     新たに九州大学病院チームとして活動を開始し、2回目となったミャンマーでの医療援助活動は、平成30年2月17日から2月24日にかけてミャンマー連邦共和国ヤンゴン市にあるヤンゴン歯科大学を訪問してまいりました。
    今回の活動では九州大学病院チームに加えて九州大学歯学部同窓である大分大学の河野憲司教授、ミャンマーで歯科医療ボランティア活動を行っている同じく九州大学歯学部同窓である小児歯科の松本敏秀歯科医師に参加いただきました。
     ヤンゴン歯科大学のスタッフとともに合わせて18例の手術を行いましたが、これまでになかった矯正装置が入った患者さんや骨移植症例の患者さんが見られるようになりました。しかし、口腔衛生状態は不良例が多く、治療に伴う口腔衛生管理が追いついていないのが現状です。
     そこで今回はミャンマーで長年活動している九州大学歯学部の同窓である小児歯科医の松本敏秀先生にチームに加わっていただき、周術期の口腔衛生管理をヤンゴンUDMの小児歯科医とともに実施していただきました。ヤンゴン歯科大学の小児歯科スタッフにとっては新鮮な体験であったようで、積極的に参加していただきました。今後の日常臨床に生かしていただけることを期待しています。
     若手の歯科医師は積極的にわれわれの手術を見学し、手術方法について細かなディスカッションを行いました。また、周術期の口腔衛生管理の重要性を含めて、治療の内容が拡大した中、新たに課題となる部分が浮き彫りになってきました。今後はよりチーム医療を意識した援助を継続していく所存です。


    術前診察・手術

  • 活動内容

    1)手術 3日間(2/20-2/22)18例
     (口唇形成 10例(片側8例、両側2例)、口蓋形成5例、口唇修正1例、骨移植2例)
      九州大学チーム、YangonUDMチーム
    2)術前・術後患者診察処置(2/19、2/23)
    3)ヤンゴン歯科大学長表敬訪問(2/19)
    3)PaingSoe President of Myanmar Dental Council 表敬訪問(2/19)
    4)ヤンゴン歯科大学(Yangon UDM)スタッフとの懇親会

  • 派遣者所属・身分・名前
    大分大学 歯科口腔外科教授河野憲司
    九州大学 顎口腔外科診療講師光安岳志
    九州大学 顎口腔外科助教新井伸作
    九州大学 顎口腔外科助教松村香織
    九州大学 麻酔科蘇生科助教藤吉哲宏
    九州大学 手術部看護師杉本加奈子
    九州大学 小児歯科松本敏秀
    九州医療センター 歯科口腔外科レジデント志渡澤和奈
    ボランティア参加堤花音(2.17〜2.20)

    最終日術後診察後に患者さんと記念撮影


    新聞に取り上げられました。

2017年

受賞
  • 久保田恵吾

    第62回 日本口腔外科学会総会・学術大会で優秀公演発表賞を受賞

    OSCC における CD163+CD204+TAM のIL-10 および PD-L1 を介した宿主免疫抑制機構

  • 石黒乃理子

    HATTON AWARD 最終選考に選出

  • 林田淳之介

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathologyにおいて2016年度の「Best Paper Award and Oral Medicine Section Award」に選出

  • 森岡政彦

    5th Congress of ASHNOにてBest Poster賞 第3位を受賞

誌上発表
  • GLI-mediated Keratin17 expression promotes tumor cell growth thorough the anti-apoptotic function in oral squamous cell carcinomas. Mikami Y. et. al.
    J Cancer Res Clin Oncol. 2017. in press.

  • Myeloid dendritic cells stimulated by thymic stromal lymphopoietin promote Th2 immune responses and the pathogenesis of oral lichen planus.
    Yamauchi M, Moriyama M, Hayashida JN, Maehara T, Ishiguro N, Kubota K, Furukawa S, Ohta M, Sakamoto M, Tanaka A, Nakamura S.
    PLoS One. 2017 in press.

  • Critical roles of Wnt5a-Ror2 signaling in aggressiveness of tongue squamous cell carcinoma and production of matrix metalloprotease-2 via ΔNp63β-mediated epithelial-mesenchymal transition.
    Taiki Sakamoto, Shintaro Kawano, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Naoki Kaneko, Yuma Hashiguchi, Taichi Hattori, Shoichi Tanaka, Ryoji Kitamura, Tamotsu Kiyoshima, Seiji Nakamura.
    Oral Oncol. 2017. in press.

講演
  • 梯 裕恵

    骨吸収抑制薬関連顎骨壊死に対する非侵襲的治療
    第5回九州沖縄山口OLS研究会 Webセミナー 2017.11.25

  • 梯 裕恵

    ARONJ 非侵襲的治療の成功の秘訣
    第62回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2017.10.20-10.22

  • 梯 裕恵

    骨吸収抑制薬関連顎骨壊死に対する医科歯科連携の重要性
    Bone Health 学術講演会 2017.9.15

  • 梯 裕恵

    口腔がんの早期発見・早期治療
    Relay For Life Japan 2017福岡 2017.9.9

  • 松原 良太、川野 真太郎、後藤 雄一、金子 直樹、橋口 有真、坂本 泰基、中村 誠司

    シンポジウム U-40:頭頸癌診療への挑戦
    第41回 日本頭頸部癌学会総会・学術大会 2017.6.8.-6.9.

  • 梯 裕恵

    ARONJ を保存的外科治療でどこまで治せるか
    第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2017.4.27-4.28

  • 松原 良太

    シンポジウム1:俺にも語らせろ!稀少転移部位へ遠隔転移した症例への対応
    第35回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017.1.26-1.28.

学会発表
  • 田中 翔一 林田 淳之介 門脇 正知 服部 多市 梯 裕恵 川野 真太郎 中村 誠司

    頸部の疼痛を契機に発見された大動脈炎症候群の1例
    第50回 NPO法人日本口腔科学会・九州地方部会 2017.11.25

  • Masahiko Morioka, Tomoyo Kawakubo-Yasukochi, Mai Hazekawa, Takuya Nishinakagawa, Kazuhiko Ono, Shintaro Kawano, Seiji Nakamura, Manabu Nakashima

    Microenvironmental communications within oral squamous cell carcinoma defined by exosomes
    第65回日本歯科医学会・国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会 2017.11.19

  • Noriko Ishiguro

    TLR7+CD163+ M2 macrophages promote the initiation of IgG4-related disease
    第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 JADR 2017 2017.11.18-19

  • 金子 直樹・川野 真太郎・松原 良太・後藤 雄一・神野 哲平・丸瀬 靖之・坂本 泰基・橋口 有真・服部 多市・田中 翔一・田中 秀明・大部 一成

    口腔扁平上皮癌におけるkallikrein-related peptidase 7の発現と機能に関する研究
    第62回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2017.10.20-10.22

  • 坂本 泰基・川野 真太郎・松原 良太・後藤 雄一・神野 哲平・丸瀬 靖之・金子 直樹・橋口 有真・服部 多市・田中 翔一・中村 誠司

    口腔扁平上皮癌の浸潤・遊走におけるΔNp63βを介したWnt5a-Ror2シグナル経路の関与
    第62回日本口腔外科学会総会・学術大会 2017.10.20-10.22

  • 坂本泰基・金子直樹

    腹部分層植皮術 ~採皮手技について~
    第4回九州地区口腔顎顔面外科手術研究会 2017.9.23

  • 森岡 政彦、川久保‐安河内 友世、中村 誠司、中島 学

    口腔扁平上皮癌におけるAT1受容体拮抗薬の影響
    第59回歯科基礎医学会学術大会 2017.9.18

  • 鎮守晃

    次世代シーケンサーを用いた口腔カンジダ症における口腔内真菌叢の網羅的解析
    第27回日本口腔内科学会/第30回日本口腔診断学会 学術大会 2017.9.8

  • 坂本泰基・大部一成・金子直樹・後藤雄一・松原良太・神野哲平・丸瀬靖之・橋口有真・服部多市・川野真太郎・中村誠司

    口腔扁平上皮癌頸部転移に対するS-1(UFT)併用術後化学放射線治療の有用性についての検討
    九州地区口腔癌研究会 第21回学術講演会 2017.7.7

  • 金子 直樹・川野 真太郎・松原 良太・後藤 雄一・神野 哲平・丸瀬 靖之・坂本 泰基・橋口 有真・服部 多市・田中 翔一・田中 秀明・大部 一成

    口腔扁平上皮癌におけるkallikrein-related peptidase 6の発現と機能に関する研究
    第41回日本頭頸部癌学会 2017.6.8-6.9

  • 坂本 泰基・川野 真太郎・松原 良太・後藤 雄一・神野 哲平・丸瀬 靖之・金子 直樹・橋口 有真・服部 多市・田中 翔一・中村 誠司

    口腔扁平上皮癌の浸潤・遊走におけるΔNp63βを介したWnt5a-Ror2シグナル経路の関与
    第41回日本頭頸部癌学会 2017.6.8-6.9

  • 石黒乃理子

    IgG4関連疾患の病態形成におけるToll様受容体(TLR)の関与
    ~TLR7を介したTh2活性化機構~
    第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2017.4.26-28

  • 望月敬太、松村香織、大部一成、森山雅文、新井伸作、三上友里恵、清島保、中村誠司

    顎関節に生じた色素性絨毛結節性滑膜炎の1例
    第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2017.4.26-28

  • 森岡 政彦、川久保—安河内 友世、中村 誠司

    口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームによるがん微小環境制御とリンパ行性転移の規定
    第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2017.4.26-28

  • 三上友理恵、川野真太郎、中村誠司、清島保

    口腔扁平上皮癌においてGLI-KRT17シグナルは腫瘍細胞増殖を促進する
    第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2017.4.26-28

  • 服部多市、松原良太、坂本泰基、川野真太郎、金子直樹、橋口有真、神野哲平、丸瀬靖之、田中翔一、大部一成、中村誠司

    小唾液腺癌45例の臨床病理学的検討
    第71回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2017.4.26-28

  • Taiki Sakamoto, Shintaro Kawano, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Naoki Kaneko, Yuma Hashiguchi

    Involvement of Wnt5a-Ror2 signaling in aggressiveness of oral squamous cell carcinoma through ΔNp63β-mediated EMT
    KAOMS 2017 2017.4.21-4.23

2016年

受賞
  • Naoki Kaneko

    Differntial expression of PAR1/PAR2 in malignant transformation of oral mucosa
    IADR Uniliver Hatton Divisional Award
    95th General Session & Exhibition of the IADR Hatton Award Finalists of JADR

  • 森岡政彦

    口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームによる細胞間クロストークと病態形成
    大学院中間発表会
    優秀発表賞受賞

  • 森岡政彦

    口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームによる細胞間クロストークと病態形成
    第58回歯科基礎医学会学術大会(2016/8/24-26, 札幌)
    優秀ポスター賞受賞

  • 久保田恵吾

    「口腔扁平上皮癌の浸潤・転移における腫瘍随伴性マクロファージの関与」
    第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(2016.01.21-22, 横浜)
    優秀ポスター賞受賞

  • 古川祥子

    公益財団法人 上原記念生命科学財団 海外留学助成金

  • 橋口有真

    口腔扁平上皮癌におけるmiR-205の発現と機能に関する研究?特にΔNp63との関連について?
    大学院中間発表会
    優秀ポスター賞受賞

  • Y. HAYASHI, T. KAWAKUBO-YASUKOCHI, A. MIZOKAMI, S. NAKAMURA and M. HIRATA

    The role of osteocalcin on cancer progression
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31
    2015年度JADR/GC学術奨励賞受賞

講演
  • Seiji Nakamura

    A novel disease entity, IgG4-related disease, includes so-called Mikulicz's disease and Kuttner's tumor
    its clinical and immunologocal aspects different from Sjogren's syndrome
    The 28th Conference of the Taiwan Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 2016/3/5?3/6 亜州大学(台湾

学会発表
  • Naoki KANEKO, Shintaro KAWANO, Ryota MATSUBARA, Teppei JINNO, Yasuyuki MARUSE, Yuichi GOTO, Taiki SAKAMOTO, Yuma HASHIGUCHI, Ryoji KITAMURA, Hideaki TANAKA, and Seiji NAKAMURA

    Expression and function of kallikrein-related peptidase 6 in oral squamous cell carcinoma: the association with epithelial-mesenchymal transition mediated by ΔNp63
    The 28th Conference of the Taiwan Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 2016/3/5?3/6 亜州大学(台湾)

  • 久保田恵吾, 森山雅文, 古川祥子, 丸瀬靖之, 川野真太郎, 清島 保, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌の浸潤・転移における腫瘍随伴性マクロファージの関与
    第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(2016.01.21-22, 横浜)
    優秀ポスター賞

  • 三上友理恵, 森山雅文, 見立英史, 川野真太郎, 清島 保, 中村誠司

    舌に生じた低悪性筋線維芽細胞肉腫 (low-grade myofibroblastic sarcoma) の一例
    第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(2016.01.21-22, 横浜)

  • 坂本泰基, 川野真太郎, 松原良太, 後藤雄一, 神野哲平, 丸瀬靖之, 金子直樹, 橋口有真, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌におけるΔ Np63 を介した浸潤・転移の分子機構に関する研究~ Wnt5a-Ror2 シグナル経路との関連~
    第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(2016.01.21-22, 横浜)

  • 古川祥子, 大部一成, 林田淳之將, 佐古沙織, 森山雅文, 新井伸作, 松原良太, 清島 保, 中村誠司

    上顎歯肉に発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例
    第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(2016.01.21-22, 横浜)

  • 見立英史, 川野真太郎, 前原 隆, 後藤雄一, 清島 保, 河津俊幸, 中村誠司

    両側舌縁部脂肪腫症の1例
    第34回一般社団法人日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(2016.01.21-22, 横浜)

  • 田中秀明,豊嶋健史,松下恭之,市丸英二,内藤恭史,古谷野潔,佐々木匡理,中村誠司

    下顎片側遊離端欠損モデルにおけるサージカルガイドを用いたインプラント埋入手術の精度に関する検討
    第33回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 2016.1.30-31. 佐賀

  • Sachiko Furukawa, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Masaki Yamauchi, Noriko Ishiguro, Mizuki Sakamoto and Seiji Nakamura.

    IL-33 secreted by M2 macrophages promotes the pathogenesis of IgG4-related disease
    頭脳循環シンポジウム 2016.2.28(福岡)

  • 森岡政彦, 川久保-安河内友世, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌細胞由来エクソソームによる細胞間クロストークと病態形成
    第58回歯科基礎医学会学術大会(2016/8/24-26, 札幌)
    優秀ポスター賞

  • 森山雅文

    シェーグレン症候群患者に対する唾液分泌促進薬の有効性と副作用の比較検討
    第15回 九州シェーグレン症候群研究会(2016/5/21, 福岡)

  • 金子直樹, 川野真太郎, 松原良太, 後藤 雄一, 坂本泰基, 橋口有真, 神野哲平, 丸瀬 靖之, 大部 一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌におけるkallikrein related peptidase 6の発現と機能に関する研究 上皮-間葉転換におけるΔNp63との関わりについて
    第69回日本口腔科学会学術集会(2016.4.15-17, 福岡)
    若手優秀ポスター賞

  • Ohta M, Moriyama M, Maehara T, Tanaka A, Furukawa S, Kubota K, Yamauchi M, Ishiguro N, Mikami Y, Nakamura S

    DNA microarray analysis of submandibular glands in IgG4-related disease
    The Annual Meeting of American Academy of Oral Medicine (AAOM) 2016 (2016/4/5-9, Atlanta, USA)

  • Moriyama M, Tanaka A, Ohta M, Furukawa S, Maehara T, Yamauchi M, Ishiguro N, Hayashida JN, Nakamura S.

    Diagnostic utility of labial salivary gland biopsy in IgG4-related disease
    The Annual Meeting of American Academy of Oral Medicine (AAOM) 2016 (2016/4/5-9, Atlanta, USA)

誌上発表
  • Lesional CD4+ IFN-γ+ cytotoxic T lymphocytes in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis.

    Maehara T, Mattoo H, Ohta M, Mahajan VS, Moriyama M, Yamauchi M, Drijvers J, Nakamura S, Stone JH, Pillai SS.
    Ann Rheum Dis. 2016 Jun 29.
    Nature Reviews Rheumatologyに掲載

  • Naoki Kaneko, Shintaro Kawano, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Taiki Sakamoto, Yuma Hashiguchi, Masakazu Iida, Seiji Nakamura

    Tongue squamous cell carcinoma producing both parathyroid hormone-related protein and granulocyte-colony-stimulating factor: a case report and literature review
    World J Surg Oncol. 2016. 14(1), 161.

  • 金子直樹・川野真太郎・松原良太・笹栗正明 ・森山雅文・丸瀬靖之・清島 保・中村誠司

    舌粘膜疹と皮疹を認めた第2期梅毒の1例
    日本口腔内科学会雑誌 2015年 21巻2号38-42頁

  • Imabayashi Y, Moriyama M, Takeshita T, Ieda S, Hayashida JN, Tanaka A, Maehara T, Furukawa S, Ohta M, Kubota K, Yamauchi M, Ishiguro N, Yamashita Y, Nakamura S.

    Molecular analysis of fungal populations in patients with oral candidiasis using next-generation sequencing.
    Sci Rep. 2016.16; 6; 28110.

  • Ohta M, Moriyama M, Maehara T, Gion Y, Furukawa S, Tanaka A, Hayashida JN, Yamauchi M, Ishiguro N, Mikami Y, Tsuboi H, Iizuka-Koga M, Kawano S, Sato Y, Kiyoshima T, Sumida T, Nakamura S.

    DNA microarray analysis of submandibular glands in IgG4-related disease indicates a role for MARCO and other innate immune related proteins.
    Medicine 2016. 95(7), e2853.

  • Moriyama M, Ohta M, Furukawa S, Mikami Y, Tanaka A, Maehara T, Yamauchi M, Ishiguro N, Hayashida JN, Kawano S, Ohyama Y, Kiyoshima T, Nakamura S.

    The diagnostic utility of labial salivary gland biopsy in IgG4-related disease.
    Mod Rheumatol 2016. 26(5), 725-729

2015年

主催学会

多数のご参加ありがとうございました。

テーマ:Contribution to Overall Well-being through Oral Health 2015年10月30日(金)・31日(土) 福岡国際会議場(福岡市博多区)
ホームページ:http://jadr63.umin.jp/


講演・発表予定
  • 中村誠司 招聘講演

    2016 Annual Congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Taiwan
    (2016 年台湾口腔顎顔面外科学会次総会・学術大会)

  • 中村誠司 招聘講演

    The 57th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons
    (第57回 韓国口腔外科学会総会・学術大会)

受賞
  • 古川祥子

    日本シェーグレン症候群学会奨励賞受賞 2015.9.18
    (若手によるシェーグレン症候群および関連疾患の基礎的あるいは臨床的研究の振興への貢献)

  • 太田美穂

    IgG4 関連涙腺・唾液腺炎の顎下腺を用いた DNA マイクロアレイ解析
    第60回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.16-18 名古屋
    優秀ポスター発表賞受賞

  • 久保田恵吾

    口腔扁平上皮癌における腫瘍随伴性マクロファージの発現と機能に関する研究
    2015年度 大学院中間発表 優秀発表賞 2015.9.02

講演, 学会発表
  • 三上 友理恵, 森山 雅文, 見立 英史, 川野 真太郎, 清島 保, 中村 誠司

    舌尖部に生じた低悪性度筋線維芽細胞肉腫の1例
    第48回日本口腔科学会九州地方部会 2015.11.21. 福岡

  • 当院歯科部門におけるクリニカルパス運用について

    見立英史, 矢内雄太, 丸岡奈央実, 吉住朋晴, 荒木千恵子, 森 悦秀, 中村誠司

    第16回日本クリニカルパス学会学術集会, 2015.11.13-14, 浦安

  • Masafumi Moriyama

    Management of Xerostomia ~focus on M3 muscarinic receptor agonist~
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31 ランチョンセミナー

  • Sari Kishikawa

    Yersinia enterocolitica is transferred through M-cell in the body
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • Miho Ohta

    Increased expression of innate immunity-related genes in IgG4-related disease
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • Y. HAYASHI, T. KAWAKUBO-YASUKOCHI, A. MIZOKAMI, S. NAKAMURA and M. HIRATA

    The role of osteocalcin on cancer progression
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • Nova amiza, Takeshi Mitsuyasu, Kaori Matsumura, Shintaro Kawano, Seiji Nakamura

    The effects of Sonic Hedgehog Signaling inhibitors on Ameloblastoma cell lines
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • H. KAKEHASHI, T. ANDO, Y. NAKATANI, T. KAWASAKI, H. IKEDA, I. ASAHINA, S. NAKAMURA

    Administration of teriparatide improves the symptoms of advanced medicationrelated osteonecrosis of the jaw: preliminary findings
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • M. OHTA, M. MORIYAMA, S. FURUKAWA, Y. MIKAMI, A. TANAKA, T. MAEHARA,M. YAMAUCHI, N. ISHIGURO, J-N. HAYASHIDA, S. KAWANO, Y. OHYAMA,T. KIYOSHIMA, S. NAKAMURA

    The diagnostic utility of labial salivary gland biopsy in IgG4-related disease
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • Y. MARUSE, S. KAWANO, R. MATSUBARA, Y. GOTO, T. JINNO, N. KANEKO, T. SAKAMOTO, Y. HASHIGUCHI, K. OOBU, S. NAKAMURA

    PD-1/PD-L1 coexpression is associated with poor prognosis in the oral squamous cell carcinoma patients
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • Y. IMABAYASHI, M. MORIYAMA, T. TAKESHITA, Y. YAMASHITA, S. NAKAMURA

    Exhaustive Analysis of Fungal Populations in Patients with Oral Candidiasis Using Next-Generation Sequencing
    第63回国際歯科研究学会(JADR)総会・学術大会,2015.10.30-31

  • Syarifah Nova Amiza Zam

    Inhibition of Hedgehog Signaling in Ameloblastoma Cell Line by Binding of GDC-0449 to Smoothened
    The 22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery (ICOMS), 27-30 Oct, 2015, Melbourne.

  • 大部一成

    軟組織嚢胞の摘出手術
    第60回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.17 名古屋
    ビデオレクチャー

  • 梯 裕恵

    粘液嚢胞に対する微小開窓療法(micro-marsupialization)
    シンポジウム「口腔外科小手術Up-to-Date」
    第60回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.16-18 名古屋

  • 上加世田泰久, 梯 裕恵, 川野真太郎, 中村誠司

    抜歯後出血を契機として明らかとなった後天性血友病の1例
    第60回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.16-18 名古屋

  • 見立英史

    ベンチレータ依存型四肢麻痺のコミュニケーション方法について
    福岡県歯科医学会 2015.9.6 福岡

  • 三浦桂一郎, 梯 裕恵, 白石剛士, 藤田修一, 池田 通, 朝比奈 泉

    下顎歯肉に生じた顎骨侵襲性角化病変Carcinoma cuniculatumの1例
    第33回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2015.1.29-30 奈良

  • 梯 裕恵, 山下裕美, 大場誠悟, 中谷佑哉, 楢原 峻, 四道玲奈, 朝比奈 泉

    ゾレドロネート投与中乳癌骨転移患者の口蓋隆起に発生した顎骨壊死2例の治療経験
    第69回 日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪

  • 楢原 峻, 梯 裕恵, 大場誠悟, 杉原考輝, 藤田修一, 朝比奈 泉

    頬部蜂窩織炎を伴った小唾液腺唾石症の1例
    第83回 日本口腔外科学会九州支部学術集会 2015.6.27 長崎

  • 中村誠司

    コンセンサスカンファレンス3 口腔乾燥症患者への口腔ケア 口腔乾燥の概念と分類
    第12回 日本口腔ケア学会総会・学術大会 2015.6.27-8 下関

  • 寳田 貫, 二木寿子, 稲井裕子, 井上良介, 菊村里香, 塚本葉子, 中村次代, 疋田春奈, 和田尚久,中村誠司

    九州大学病院における周術期口腔ケアセンターの設立と実績について
    第12回 日本口腔ケア学会総会・学術大会 2015.6.27-8 下関

  • 石黒乃理子, 見立英史, 大部一成, 森岡政彦, 清島 保, 中村誠司

    診断に苦慮した口底部類皮嚢胞の1例
    第83回 日本口腔外科学会九州支部学術集会 2015.6.27 長崎

  • Eiji Mitate, Shintaro Kawano, Hideki Kadota, Sei Yoshida, Ken-ichi Kamizino, Ryota Matsubara, Akihiko Tanaka, Jun-nosuke Hayashida, Kazunari Oobu, Seiji Nakamura

    Negative pressure wound therapy for chylous fistula following neck dissection
    第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会 2015.6.3-5 神戸

  • Teppei Jinno,Shintaro Kawano、Ryota Matsubara,Yasuyuki Maruse,Taiki Sakamoto,Yuma Hashiguchi,Naoki Kaneko,Akiko Jinno,Masahiko Morioka,Kazunari Oobu,Tamotsu Kiyoshima,Seiji Nakamura

    A study on the expression and function of interleukin-6 in oral squamous cell carcinoma ~its possible involvement in chemotherapeutic resistance~
    第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会 2015.6.3-5 神戸

  • Yuma hashiguchi , Shintaro Kawano , Kazunari Oobu , Ryota Matsubara , Yuichi Goto , Teppei Jinno , Yasuyuki Maruse , Taiki Sakamoto , Naoki Kaneko , Masahiko Morioka , and Seiji Nakamura

    Clinicopathological evaluation of preoperative chemoradiotherapy with S-1 for locally advanced OSCC
    第39回 日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会 2015.6.3-5 神戸

  • Naoki Kaneko, Kazunari Oobu, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse,Taiki Sakamoto, Yuma Hashiguchi, Masahiko Morioka, Seiji Nakamura

    Usefulness of postoperative chemoradiotherapy for cervical lymph nodes metastasis of OSCC
    第39回 日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会 2015.6.3-5 神戸

  • 坂本泰基, 後藤雄一, 川野真太郎, 松原良太, 神野哲平, 丸瀬靖之, 金子直樹, 橋口有真, 森岡政彦, 大部一成, 中村誠司

    唾液腺悪性腫瘍の臨床病理学的検討 - A clinicopathological study of malignant salivary gland tumors -
    第39回 日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会 2015.6.3-5 神戸

  • Sachiko Furukawa, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Mana Iizuka, Hiroshi Tsuboi, Jun-Nosuke Hayashida, Miho Ohta, Masaki Yamauchi, Noriko Ishiguro, Hitoshi Nakashima, Takayuki Sumida, and Seiji Nakamura.

    IL-33 secreted by M2 macrophage promotes the pathogenesis of IgG4-related disease
    The 13th international Symposium on Sjögren’s Syndrome 2015.5.19-22 Bergen/ Norway

  • Miho Ohta, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Sachiko Furukawa, Hiroshi Tsuboi, Mana Iizuka, Shintaro Kawano, Jun-Nosuke Hayashida, Yumi Imabayashi, Masaki Yamauchi, Noriko Ishiguro, Takayuki Sumida, and Seiji Nakamura.

    DNA microarray analysis of submandibular glands in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis
    The 13th international Symposium on Sjögren’s Syndrome 2015.5.19-22 Bergen/ Norway

  • H.Takahashi, H. Tsuboi, Y. Nakai, M. Iizuka, H. Asaxhima, T. Hirota, Y. Kondo, M. Moriyama, S. Furukawa, I. Matsumoto, S. Nakamura, T. Yoshihara, K. Abe, and T. Sumida

    DNA microarray analysis of labial salivary glands in patients with Sjögren’s syndrome: comparison with IgG4-related disease
    The 13th international Symposium on Sjögren’s Syndrome 2015.5.19-22 Bergen/ Norway

  • 見立英史, 川野真太郎, 松原良太, 田中昭彦, 林田淳之將, 中村誠司

    頸部郭清術後のリンパ漏に対する陰圧閉鎖療法について
    第69回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪国際会議場

  • 古川祥子, 森山雅文, 田中昭彦, 前原 隆, 林田淳之將, 太田美穂, 山内昌樹, 石黒乃理子, 中村誠司

    IgG4 関連疾患(IgG4-RD)の病態形成における IL-33 の関与
    第69回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪国際会議場

  • 丸瀬靖之, 川野真太郎, 後藤雄一, 清島 保, 松原良太, 神野哲平, 金子直樹, 坂本泰基, 橋口有真, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌における共刺激分子 programmed cell death ligand 1 の発現と臨床病理学的所見に関する検討
    第69回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪国際会議場

  • 太田美穂, 森山雅文, 田中昭彦, 前原 隆、古川祥子, 川野真太郎, 林田淳之將, 山内昌樹, 石黒乃理子, 中村誠司

    IgG4関連疾患の顎下腺を用いたDNAマイクロアレイ解析
    第69回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪国際会議場

  • 林 慶和, 川久保-安河内友世, 中村誠司

    前立腺癌におけるオステオカルシンの存在意義
    第69回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪国際会議場

  • 三浦桂一郎, 梯 裕恵, 白石剛士, 藤田修一, 池田 通, 朝比奈 泉

    下顎歯肉に生じた顎骨侵襲性角化病変Carcinoma cuniculatumの1例
    第33回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2015.1.29-30 奈良

  • 川野真太郎

    ビデオセッション2 頸部郭清術を基本から考える 根治的頸部郭清術について
    第33回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2015.1.29-30 奈良

  • 梯 裕恵, 山下裕美, 大場誠悟, 中谷佑哉, 楢原 峻, 四道玲奈, 朝比奈 泉

    ゾレドロネート投与中乳癌骨転移患者の口蓋隆起に発生した顎骨壊死2例の治療経験
    第69回 日本口腔科学会学術集会 2015.5.13-15 大阪

  • 白石剛士, 三浦桂一郎, 梯 裕恵, 藤田修一, 池田 通, 朝比奈 泉

    癌の診断がつきにくい、Carcinoma cuniculatum
    九州地区口腔癌研究会 第19回 学術講演会 2015.6.26 長崎

  • 楢原 峻, 梯 裕恵, 大場誠悟, 杉原考輝, 藤田修一, 朝比奈 泉

    頬部蜂窩織炎を伴った小唾液腺唾石症の1例
    第83回 日本口腔外科学会九州支部学術集会 2015.6.27  長崎

  • Jinno T, Kawano S, Maruse Y, Matsubara R, Goto Y, Sakamoto T, Hashiguchi Y, Kaneko N, Tanaka H, Kitamura R, Toyoshima T, Jinno A, Moriyama M, Oobu K, Kiyoshima T, Nakamura S.

    Increased expression of interleukin-6 predicts poor response to chemoradiotherapy and unfavorable prognosis in oral squamous cell carcinoma. Oncol Rep. 2015 May;33(5):2161-8.

  • 森山雅史

    当科における口腔乾燥症の診断とマネージメント−M3型ムスカリン受容体アゴニストによるドライマウス治療−
    Salivary gland disease -Summer Seminar in Tenjin, 特別講演 2015.7.9 福岡.

  • 森山雅文, 田中明彦, 前原 隆, 古川祥子, 太田美穂, 中村誠司

    口腔病変の診断と治療
    第24回 日本シェーグレン症候群学会学術集会, シンポジウム, 2015.9.18 東京

  • 森山雅文, 太田美穂, 古川祥子, 三上友理恵, 田中明彦, 前原 隆, 山内昌樹, 石黒乃理子, 林田淳之將, 川野真太郎, 大山順子, 清島 保, 中村誠司

    IgG4関係疾患の診断における口唇腺生検の有用性
    第24回 日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2015.9.18, 東京

  • 高橋広行, 坪井洋人, 中井雄治, 飯塚麻菜, 浅島弘充, 廣田智哉, 近藤裕也, 古川祥子, 森山雅文, 松本 功, 吉原俊雄, 中村誠司, 阿部啓子, 住田孝之

    DNAマイクロアレイによるシェーグレン症候群の唾液腺における遺伝子解析
    第24回 日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2015.9.18,東京

  • 中村誠司

    IgG4関連疾患の病態形成に関わるT細胞サブセットとその活性化機構
    第24回 日本シェーグレン症候群学会学術集会, シンポジウム、2015.9.18, 東京.

  • 中村誠司

    シェーグレン症候群の病因、診断、治療
    ドライマウス研究会主催 ドライマウス講習会 2015.6.21

  • 中村誠司

    口腔乾燥症治療の最前線 ~シェーグレン症候群による口腔乾燥のマネージメント~
    サラジェン顆粒新発売記念九州エリア講演会 2015.2.5

  • 中村誠司

    日常診療で注意すべき口腔病変 ~ドライマウスと薬剤関連顎骨壊死を中心に~
    福岡市医師会勤務医会学術講演会 2015.6.17

  • 中村誠司

    ドライマウスに悩んでいませんか?
    朝日カルチャーセンター 2015.7.4

  • 中村誠司

    日常診療で注意すべき口腔病変 ~ドライマウスと薬剤関連顎骨壊死を中心に~
    福岡市南区医師会 2015.7.16

  • 中村誠司

    シェーグレン症候群とIgG4関連疾患の新しい理解
    大分県北シェーグレン研究会 2015.8.25

誌上発表
  • Hideaki Tanaka, Takeshi Toyoshima, Masanori Sasaki, Eiji Ichimaru, Yasushi Naito, Yasuyuki Matsushita, Kiyoshi Koyano, Seiji Nakamura

    Hints on accuracy improvement of implant surgery with surgical guide: an in vitro study
    24th congress of the European Association for Osseointegration (EAO) 2015.9.24-26 Stockholm Sweden

  • Tanaka H, Toyoshima T, Atsuta I, Ayukawa Y, Sasaki M, Matsushita Y, Hiraoka R, Koyano K, Nakamura S.

    Additional Effects of Platelet-Rich Fibrin on Bone Regeneration in Sinus Augmentation With Deproteinized Bovine Bone Mineral: Preliminary Results
    Implant Dent. 2015 Dec;24(6):669-74.

  • The SQUU-B cell line spreads its metastatic properties to nonmetastatic clone SQUU-A from the same patient through exosomes.

    Kawakubo-Yasukochi T, Morioka M, Hayashi Y, Nishinakagawa T, Hazekawa M, Kawano S Nakamura S, Nakashima M.

    J Oral Biosci. In press.

  • Keiji Masuda, Shintaro Kawano, Haruyoshi Yamaza, Taiki Sakamoto, Tamotsu Kiyoshima, Seiji Nakamura, Kazuaki Nonaka,

    Complete resolution of a calcifying cystic odontogenic tumor with physiological eruption of a dislocated permanent tooth after marsupialization in a child with a mixed dentition: A case report,
    World Journal of Surgical Oncology, in press.

  • Yoshikazu Hayashi, Masafumi Moriyama, Takashi Maehara, Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Miho Ohta, Akihiko Tanaka, Sachiko Furukawa, Jun-Nosuke Hayashida, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Toru Chikui, Seiji Nakamura

    A case of mantle cell lymphoma presenting as IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so-called Mikulicz's disease, World Journal of Surgical Oncology, in press.

  • Toru Chikui, Erina Kitamoto, Yukiko Nishioka Kami, Shintaro Kawano, Kouji Kobayashi, Takeshi Kamitani, Makoto Obara, Kazunori Yoshiura,

    Dynamic contrast-enhanced MRI of oral squamous cell carcinoma: A preliminary study of the correlations between quantitative parameters and the clinical stage,
    British Journal of Radiology, in press.

  • Takashi Maehara, Masafumi Moriyama, Shintaro Kawano, Jun-Nosuke Hayashida, Sachiko Furukawa, Miho Ohta, Akihiko Tanaka, Masaki Yamauchi, Yukiko Ohyama, Tamotsu Kiyoshima, Seiji Nakamura,

    Cytokine Profiles Contribute to Understanding the Pathogenic Difference between Good Syndrome and Oral Lichen Planus: Two Case Report and Literature Review,
    Medicine, in press.

  • Teppei Jinno, Shintaro Kawano, Yasuyuki Maruse, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Taiki Sakamoto, Yuma Hashiguchi, Naoki Kaneko, Hideaki Tanaka, Ryoji Kitamura, Toyoshima Takeshi, Akiko Jinno, Masafumi Moriyama, Kazunari Oobu, Tamotsu Kiyoshima, Seiji Nakamura,

    Increased expression of interleukin-6 predicts poor response to chemoradiotherapy and unfavorable prognosis in oral squamous cell carcinoma,
    Oncology Reports 33,(5) 2161-2168, 2015

  • Miho Ohta, Masafumi Moriyama, Yuichi Goto, Shintaro Kawano, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Sachiko Furukawa, Jun-Nosuke Hayashida, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Yojiro Arinobu, Seiji Nakamura,

    A case of marginal zone B-cell lymphoma mimicking IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis,
    World Journal of Surgical Oncology,in press.

  • Shintaro Kawano, Yanqun Zheng, Kazunari Oobu, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Toru Chikui, Tadamasa Yoshitake, Tamotsu Kiyoshima, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Eiji Mitate, Ryoji Kitamura, Hideaki Tanaka, Toyoshima Takeshi, Tsuyoshi Sugiura, Seiji Nakamura,

    Clinicopathological evaluation of preoperative chemoradiotherapy with S-1 for locally advanced oral squamous cell carcinoma,
    Oncology Letters, in press.

  • 南里篤太郎, 小原 悠, 大場誠悟, 梯 裕恵, 吉田教明, 朝比奈 泉

    重度の骨格性下顎前突症患者に対して二段階の顎矯正手術を施行した1例
    日顎変形誌 25(1):42-48, 2015

  • 梯 裕恵, 山下裕美, 大場誠悟, 朝比奈 泉

    ゾレドロネート投与中乳癌骨転移患者の口蓋隆起に発生した顎骨壊死2例の治療経験
    日口内誌 21(1)21-26,2015

  • Kakehashi H, Ando T, Minamizato T, Nakatani Y, Kawasaki T, Ikeda H, Kuroshima S, Kawakami A, Asahina I.

    Administration of teriparatide improves the symptoms of advanced bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw: preliminary findings.
    Int J Oral Maxillofac Surg. 2015 Aug 21.

  • Eiji Mitate, Kensuke Kubota, Kenji Ueki, Rumi Inoue, Ryosuke Inoue, Kenta Momii, Hiroshi Sugimori, Yoshihiko Maehara, Seiji Nakamura

    Speaking tracheostomy tube and modified mouthstick stylus in a ventilator-dependent patient with spinal cord injury
    Case Reports in Emergency Medicine, Volume 2015, Article ID 320357, 3 pages.

  • Yasuyuki Maruse, Shintaro Kawano, Tamotsu Kiyoshima, Yuichi Goto, Ryota Matsubara, Toru Chikui, Daigo Yoshiga, Seiji Nakamura

    A case of mucoepidermoid carcinoma of the sublingual gland accompanied with extensive dystrophic calcification and intratumoral bone formation, Head and Neck, in press.

  • 中村誠司

    いきいき健康・医療講座
    西日本新聞 2015.6.14 朝刊

  • 篠崎昌一, 森山雅文, 林田淳之介, 田中昭彦, 前原 隆, 古川祥子, 太田美穂, 今林佑美, 中村誠司

    シェーグレン症候群患者に対する唾液分泌促進薬の有効性と副作用の検討 セビメリン塩酸塩とピロカルピンと塩酸塩の比較
    日本口腔外科学会雑誌 61(3), 147-153, 2015

  • 中村誠司

    他のドライマウスとどう違う?どう気をつける?シェーグレン症候群 (解説/特集)
    歯科衛生士 39(3) 70-79, 2015

  • 中村誠司

    【超高齢社会におけるドライマウスへの対応】 ドライマウスはどのような病気か?鑑別すべき疾患とは? 原因別に考えるドライマウスの診断(解説/特集)
    日本歯科評論 75(3), 37-46, 2015

2014年

第27回日本口腔診断学会・第24回日本口腔内科学会 合同学術大会を開催しました。
多数のご参加、ありがとうございました。

会期:平成 26年 9月 19日(金)– 20日(土)
   (理事会、各種委員会は 18日)
会場:九州大学医学部百年記念講堂
   合同学術大会共通テーマ:
   「極めよう口腔診断・広めよう口腔内科-共に高める口腔科学-」

学術大会プログラム
【特別講演】
特別講演1:「PET-CT による悪性腫瘍の診断~口腔顎顔面領域を中心に全身まで~」
一般財団法人西日本産業衛生会 北九州 PET 健診センター・センター長 古賀 博文 先生

特別講演2:“Global health; a rapidly evolving topic”
John Greenspan
Distinguished Professor
Department of Orofacial Sciences Schools of Dentistry and Medicine, UCSF

“Management of common oral lesions”
Deborah Greenspan
Professor of Clinical Oral Medicine and Chair Department of Orofacial Sciences School of Dentistry, UCSF

特別講演3:「口腔画像診断の展開-エックス線から超音波まで-」
(日本口腔診断学会認定医委員会主催)
新潟大学大学院医歯学総合研究科顎顔面放射線学分野 教授 林 孝文 先生

【合同シンポジウム】
ドライマウスの分類と診断 ~シェーグレン症候群を中心に~
IgG4 関連疾患の病態と診断 ~日本発の新たな疾患概念として~
オーガナイザー:九州大学大学口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野 教授 中村誠司 先生
口腔内科教育・診療の現状と課題
オーガナイザー:九州歯科大学口腔内科学分野 教授 吉岡 泉 先生


受賞
  • 古川祥子

    九州大学学生後援会 平成26年度学術研究賞受賞

誌上発表
  • Ieda Shinsuke, Moriyama Masafumi, Takeshita Toru, Maehara Takashi, Imabayashi Yumi, Shinozaki Shoichi, Tanaka Akihiko, Hayashida Jun-Nosuke, Furukawa Sachiko, Ohta Miho, Yamashita Yoshihisa, Nakamura Seiji

    Molecular analysis of fungal populations in patients with oral candidiasis using internal transcribed spacer region.
    PLoS One. 2014 Jun 30;9(6)

  • Ohyama Keiko, Moriyama Masafumi, Hayashida Jun-Nosuke, Tanaka Akihiko, Maehara Takashi, Ieda Shinsuke, Furukawa Sachiko, Ohta Miho , Imabayashi Yumi, Nakamura Seiji

    Saliva as a potential tool for diagnosis of dry mouth including Sjögren's syndrome.
    Oral Dis. 2014 Apr 21.

  • Furukawa Sachiko, Moriyama Masafumi, Kawano Shintaro, Tanaka Akihiko, Maehara Takashi, Hayashida Jun-Nosuke, Goto Yuichi, Kiyoshima Tamotsu, Shiratsuchi Hideki, Ohta Miho, Imabayashi Yumi, Nakamura Seiji

    Clinical relevance of Küttner tumour and IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis.
    Oral Dis. 2014 May 21.

  • Hiroto Tsuboi, Yuji Nakai, Mana Iizuka, Hiromitsu Asashima, Chihiro Hagiya, Sayaka Tsuzuki, Tomoya Hirota, Haruka Miki, Shinya Hagiwara, Yuya Kondo, Akihiko Tanaka, Masafumi Moriyama, Isao Matsumoto, Seiji Nakamura,Toshio Yoshihara, Keiko Abe,Takayuki Sumida

    DNA microarray analysis of labial salivary glands in IgG4-related disease. Comparison with Sjögren's syndrome.
    Arthritis Rheumatol. 2014 Jun 18.

  • 森山 雅文

    シェーグレン症候群のため目と口が乾燥します.どのような治療がありますか?どのようなことに気をつけたらよいでしょうか?
    見逃すと怖い膠原病Q&A100 2014 メディカルレビュー社

  • 松原良太、川野真太郎、清島保、平野充広、丸瀬靖之、中村誠司

    頸部再発に対し放射線併用超選択的動注化学療法が奏功した舌扁平上皮癌の1例
    日本口腔外科学会雑誌 60(2): 76-81, 2014.

  • 九州大学病院顎口腔外科における口唇裂口蓋裂患者の臨床統計的観察

    松村香織、笹栗正明、光安岳志、新井伸作、辻口友美、中村誠司

    日本口蓋裂学会雑誌 (39) 217-223, 2014
    口蓋裂学会平成26年度優秀論文賞

  • Tanaka H, Toyoshima T,Sonoda K, Kitamura R, Nakamura S, Sasaguri M, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Nakamura S.

    Apoptotic function of tumor-associated antigen RCAS1 in oral squamous cell carcinoma.
    Journal of Translational Medicine 2014 in press

  • Sachiko Furukawa; Akihiko Tanaka; Takashi Maehara; Hiroto Tsuboi; Mana Iizuka; Jun-Nosuke Hayashida; Miho Ohta; Takako Saeki; Kenji Notohara; Takayuki Sumida; Seiji Nakamura

    「Preferential M2 macrophages contribute to fibrosis in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so-called Mikulicz's disease」 Clinical Immunology, in press

  • 小児の口底部に生じた大きな舌下型類皮嚢胞の1例

    村津大地, 川野 真太郎, 南里篤太郎, 田中昭彦, 橋口有真, 清島 保, 白土雄司, 池邉哲郎, 中村誠司

    小児口腔外科 24巻3号 Page170-174(2014.12)

  • 太田美穂, 松原 良太, 川野真太郎, 大部一成, 緒方謙一, 中村誠司

    抜歯後出血を契機として明らかとなった慢性播種性血管内凝固症候群の1例
    日本口腔内科学会雑誌 20巻2号 Page47-51(2014.12)

  • 新井伸作, 笹栗正明, 川野真太郎, 豊嶋健史, 田中秀明, 大部一成, 中村誠司

    口腔悪性腫瘍術後早期におけるSIRS評価の有用性についての検討
    日本口腔内科学会雑誌 20巻2号 Page25-30(2014.12)

  • 森山雅文, 中村誠司

    【唾液腺のIgG4関連疾患とシェーグレン症候群を取り巻く新しい概念と画像診断】 ミクリッツ病/IgG4関連疾患とシェーグレン症候群の新しい理解(解説/特集)
    臨床放射線 59巻8号 Page1033-1043(2014.08)

  • 中村誠司

    【徹底ガイド 口腔ケアQ&A-すべての医療従事者・介護者のために-第2版】 疾病・病態別にみた口腔ケア アフタ性口内炎のある患者さんの口腔ケア法を教えてください(Q&A/特集)
    ナーシングケアQ&A 48号 Page35-37(2014.03)

  • 中村誠司

    【徹底ガイド 口腔ケアQ&A-すべての医療従事者・介護者のために-第2版】 疾病・病態別にみた口腔ケア 口腔内が乾燥している時の口腔ケアについて、教えてください(Q&A/特集)
    ナーシングケアQ&A 48号 Page27-29 (2014.03)

学会発表、講演など
  • 2015 IADR Hatton Awards Competition 候補者選考
    Senior 部門;Basic Science Reserch Category 古川祥子

  • 大山恵子、森山雅文、田中昭彦、前原隆、林田淳之將、篠崎昌一、家田晋輔、古川祥子、太田美穂、今林佑美、中村誠司

    唾液を用いたドライマウスの新しい診断方法とその有用性の検討 第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 福岡 2014.9.18

  • 大山順子、吉川浩世、山田朋弘、清水真弓、森山雅文、古川祥子、清島保、森悦秀

    シェーグレン症候群を背景とした耳下腺、口唇腺MALTリンパ腫の1例
    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 福岡 2014.9.18

  • 家田晋輔、森山雅文、清田恵美、竹下 徹、前原 隆、林田淳之將、中村崇規、山下喜久、中村誠司

    口腔カンジダ症の新たな診断法の試み
    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 福岡 2014.9.18

  • 森山雅文、田中昭彦、前原隆、古川祥子、中村誠司

    IgG4関連涙腺・唾液腺炎の疾患概念と免疫学的特徴
    第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会 シンポジウム 福岡 2014.9.18

  • 古川祥子、森山雅文、田中昭彦、前原隆、林田淳之將、大山恵子、太田美穂、山内昌樹、中村誠司

    IgG4関連涙腺・唾液腺炎におけるM2マクロファージの関与
    第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 千葉 2014.10.17
    優秀ポスター賞受賞 (ゴールドリボン賞)

  • 吉川浩世、大山順子、森山雅文、清水真弓、清島保、熊丸渉、中松耕治、中村誠司、森悦秀

    「両側顎下腺唾石を伴ったIgG4関連唾液腺炎1例」
    第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 千葉 2014.10.18

  • 中村誠司

    IgG4関連疾患 局所の病態生理~唾液腺における免疫学的異常を中心に~
    第34回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会 シンポジウム 新潟 2014.11.1

  • 中村誠司

    IgG4 関連唾液腺疾患の免疫異常と病態形成
    第33回日本画像医学会、2014.2.22、東京

  • 森山雅文

    IgG4 関連唾液腺疾患の免疫異常と病態形成 第55回日本神経学会学術大会、2014.5.22,福岡

  • 森山雅文、田中昭彦、前原隆、古川祥子、中村誠司

    IgG4関連疾患の病態形成におけるTh細胞の関与~最近のトピックス「発症と自然免疫」も含めて~
    第34回福岡臨床免疫研究会, 2014年2.8 福岡

  • 中村誠司

    The 55th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons
    2014.4,23,韓国

  • 神野哲平、川野真太郎、松原良太、清末崇裕、後藤雄一、平野充広、田中秀明、 丸瀬靖之、森山雅文、豊嶋健史、大部一成、中村誠司

    口腔扁平上皮癌組織におけるinterleukin-6の発現と臨床病理学的所見との関連
    第67回日本口腔科学会学術集会 平成25年5月22 - 24日
    U. 基礎医学

  • 神野哲平、川野真太郎、松原良太、清末崇裕、後藤雄一、平野充広、田中秀明、 丸瀬靖之、森山雅文、豊嶋健史、大部一成、中村誠司

    口腔扁平上皮癌組織におけるinterleukin-6の発現と臨床病理学的所見との関連
    第37回日本頭頸部癌学会 平成25年6月13 - 14日
    U. 基礎医学

  • 神野哲平、川野真太郎、松原良太、後藤雄一、清島 保、丸瀬靖之、神野彰子、 金子直樹,坂本泰基,橋口有真,森山雅文,大部一成、杉浦剛、中村誠司

    口腔扁平上皮癌における IL-6 の発現と機能~抗癌剤抵抗性獲得への関与について~
    第68回日本口腔科学会学術集会 平成26年5月7日 - 9日
    学会賞優秀ポスター賞受賞
    U. 基礎医学

  • 森山雅文、田中昭彦、前原 隆、古川祥子、太田美穂、中村誠司

    IgG4関連疾患の病態形成におけるTh 細胞および自然免疫細胞の関与
    第55回日本神経学会学術大会 2014.5.21 福岡

  • 家田晋輔、森山雅文、清田恵美、竹下 徹、前原 隆、林田淳之將、今林佑美、中村崇規、山下喜久、中村誠司

    口腔カンジダ症の新たな診断法の試み
    - Internal transcribed spacer (ITS) 領域を用いた真菌の網羅的解析 -
    第10回口腔ケア学会 2014.6.28 福岡

  • 見立英史、大部一成、川野真太郎、光安岳志、北村亮二、林田淳之將、杉浦 剛、中村誠司

    創傷治癒における陰圧閉鎖療法の有用性について~遊離前腕皮弁採取後の管理について~
    第16回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 2014.7.18 米子

  • 見立英史、大部一成、松原良太、田中昭彦、山内昌樹、林田淳之將、中村誠司

    放射線性骨髄炎手術後の感染創に対して持続洗浄および局所陰圧閉鎖療法で管理した1例
    第59回 公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 幕張

  • 坂本泰基,後藤雄一,川野真太郎,今藤彰子,松原良太,神野哲平、丸瀬靖之, 金子直樹,橋口有真,大部一成,杉浦 剛,中村誠司

    唾液腺悪性腫瘍の臨床病理学的検討
    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014.1.24 北海道
    H. 悪性腫瘍

  • 金子直樹,大部一成,後藤雄一,川野真太郎,橋口有真,松原良太,神野哲平, 丸瀬靖之,坂本泰基,田中秀明,杉浦 剛,中村誠司

    口腔扁平上皮癌頚部転移に対する術後治療の有用性についての検討
    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014.1.24 北海道
    H. 悪性腫瘍

  • 神野哲平,川野真太郎,松原良太,清末崇裕,後藤雄一,平野充広,田中秀明, 丸瀬靖之,今藤彰子,森山雅文,大部一成,中村誠司

    口腔扁平上皮癌のにおける IL-6 の発現と臨床病理学的所見との関連
    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014.1.24 北海道
    H. 悪性腫瘍

  • 森山雅文、田中昭彦、前原 隆、古川祥子、中村誠司

    IgG4関連疾患の病態形成におけるTh細胞の関与~最近のトピックス「発症と自然免疫」も含めて~
    第34回福岡臨床免疫研究会 2014.2.8 福岡
    U. 基礎医学

  • 久保田恵吾、新井伸作、松村香織、光安岳志、三上友理恵、辻口友美、笹栗正明、長谷川幸代、森 悦秀、中村誠司

    口蓋裂を伴ったPrader-Willi症候群の1例
    第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014.5.29 札幌

  • Keigo Kubota, Shinsaku Arai , Kaori Matsumura, Takeshi Mitsuyasu, Yurie Mikami, Tomomi Tsujiguchi, Masaaki Sasaguri, Sachiyo Hasegawa, Yoshihide Mori, Seiji Nakamura

    A case of Prader-Willi syndrome with cleft palate.
    The 55th congress of Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeons 2014 Busan

  • Takashi Maehara, Masafumi Moriyama,Akihiko Tanaka ,Sachiko Furukawa ,Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohyama, Miho Ohta, Seiji Nakamura

    IL-21 contributes to ectopic germinal center formation and IgG4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis
    2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions Hawaii 2014.2.16-19
    U. 基礎医学

  • Miho Ohta, Masafumi Moriyama,Akihiko Tanaka , Takashi Maehara, Keiko Ohyama, Sachiko Furukawa ,Jun-Nosuke Hayashida, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu,Yojiro Arinobu Seiji Nakamura ,

    A case of malignant lymphoma strongly suspected IgG4related dacryoadenitis and sialoadenitis
    2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions Hawaii 2014.2.16-19
    U. 基礎医学

  • Masafumi Moriyama,Sachiko Furukawa ,Shintaro Kawano, Yuichi Goto,Akihiko Tanaka ,Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohyama, Miho Ohta, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Seiji Nakamura ,

    The diagnostic usability of biopsies from submandibular and labial salivary gland in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis 2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions Hawaii 2014.2.16-19
    U. 基礎医学

  • Sachiko Furukawa ,Masafumi Moriyama,Akihiko Tanaka ,Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohyama, Yukiko Ohyama, Miho Ohta, Seiji Nakamura ,

    Clinical relevance of Küttner tumor and IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis
    2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions Hawaii 2014.2.16-19
    U. 基礎医学

  • Seiji Nakamura, Masafumi Moriyama,Sachiko Furukawa ,Akihiko Tanaka ,Takashi Maehara, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohyama, Miho Ohta

    Aberrant activation of Th2 cells by IL-33 in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis
    2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions Hawaii 2014.2.16-19
    U. 基礎医学

  • Sachiko Furukawa ,Masafumi Moriyama,Akihiko Tanaka ,Takashi Maehara, Hiroto Tsuboi, Mana Iizuka, Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohyama, Miho Ohta, Takayuki Sumida,Seiji Nakamura ,

    Polarized M2 macrophages contribute to the fibrosis of glandular tissue in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis
    2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions Hawaii 2014.2.16-19
    U. 基礎医学

  • Masafumi Moriyama,Sachiko Furukawa ,Akihiko Tanaka ,Takashi Maehara, Miho Ohta, Seiji Nakamura ,

    T helper subsets in Sjögren syndrome and IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so-called Mikulicz's disease
    Kyudai Oral Bioscience 2014-8th International symposium- Fukuoka 2014.2.28-3.1
    U. 基礎医学

  • Shinsuke Ieda, Masafumi Moriyama,Megumi Kiyota,Toru Takeshita, Jun-Nosuke Hayashida ,Takashi Maehara, Takanori Nakamura, YoshihisaYamashita,Seiji Nakamura ,

    Exhaustive analysis of fungal populations from patients with oral candidiasis
    Kyudai Oral Bioscience 2014-8th International symposium- Fukuoka 2014.2.28-3.1
    U. 基礎医学

  • Kaori Matsumura, Masaaki Sasaguri, Takeshi Mitsuyasu, Shinsaku Arai, Tomomi Tsujiguchi and Seiji Nakamura

    Microarray analysis of global gene expression during palate development
    12th International Congress on Cleft Lip/Palate and Related Craniofacial Anomalies, Orland, FL, USA (2013.5.18-21)
    ポスター賞受賞

  • Kaori Matsumura, Masaaki Sasaguri, Takeshi Mitsuyasu, Shinsaku Arai, Tomomi Tsujiguchi and Seiji Nakamura

    Three-dimensional evaluation of postoperative bone resorption after secondary bone grafting
    21st International Conference On Oral and Maxillofacial Surgery, Barcelona, Spain (2013.10.21-24)

  • 新生児期挿管管理後の声門狭窄のため周術期の気道確保に難渋した両側唇顎口蓋裂の1例

    新井 伸作, 光安 岳志, 笹栗 正明, 松村 香織, 辻口 友美, 森 悦秀, 横山 武志, 中村 誠司

    (2014.10)

2013年

第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会が開催されました。
多数のご来場、ありがとうございました。

会   期:2013年6月22日(土)総会、学術大会 - 6月23日(日)学術大会
大会テーマ:口腔から全身の健康に貢献する

会   場:九州大学医学部百年講堂
大 会 長:中村 誠司(九州大学病院 顎顔面口腔外科 教授)

副 大会長:安部 喜八郎(九州大学病院 全身管理歯科 准教授)
      林 純(九州大学病院 総合診療科 教授)
      中畑 高子(九州大学病院 看護部長)

実行委員長:森 悦秀(九州大学病院 顎顔面口腔外科 教授)

準備委員長:大部 一成(九州大学病院 顎顔面口腔外科 講師)


誌上発表
  • Yu Nakao, Takeshi Mitsuyasu, Shintaro Kawano, Norifumi Nakamura, Shiori Kanda, Seiji Nakamura,

    Fibroblast growth factors 7 and 10 are involved in ameloblastoma proliferation via the mitogen-activated protein kinase pathway, International Journal of Oncology,in press.

  • Shiori Kanda, Takeshi Mitsuyasu, Yu Nakao, Shintaro Kawano, Yuichi Goto, Ryota Matsubara, Seiji Nakamura,

    Anti-apoptotic role of sonic hedgehog signaling pathway in the proliferation of ameloblastoma,
    International Journal of Oncology,in press.

  • Moriyama Masafumi, Tanaka Akihiko, Maehara Takashi, Furukawa Sachiko, Nakashima Hiroshi, Nakamura Seiji

    T helper subsets in Sjögren syndrome and IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis: A critical review Journal of Autoimmunity 2013 Aug 3

  • Mitate Eiji, Kawano Shintaro, Kiyoshima Tamotsu, Kawazu Toshiyuki, Chikui Toru, Goto Yuichi, Matsubara Ryota, Nakamura Seiji,

    Carcinoma ex pleomorphic adenoma of the upper lip: a case of an unusual malignant component of squamous cell carcinoma World Journal of Surgical Oncology. 2013, 11:234.

  • Goto Y, Kawano S, Matsubara R, Kiyosue T, Hirano M, Jinno T, Maruse Y, Toyoshima T, Kitamura R, Tanaka H, Oobu K, Nakamura S.

    Possible involvement of ΔNp63 downregulation in the invasion and metastasis of oral squamous cell carcinoma via induction of a mesenchymal phenotype
    Clinical and experimental metastasis, in press.

  • 今田弘記, 怡土信一, 塚本真規, 横山武志

    日帰り全身麻酔の術後合併症に影響を及ぼす要因の検討
    日本小児麻酔学会誌 19巻1号 Page153-155(2013.08)

  • 今田弘記, 怡土信一, 塚本真規, 横山武志

    Mallampati分類による気管挿管難易度の予測精度に関する検討(原著論文)
    日本口腔診断学会雑誌 26巻1号 Page5-10(2013.02)

  • 中村誠司

    【口腔乾燥症に悩む患者さんを救う実践的治療】 シェーグレン症候群による口腔乾燥症(解説/特集)
    歯科医療 27巻4号 Page12-19(2013.10)

  • 前原 隆, 森山雅文, 中村誠司

    ミクリッツ病/IgG4関連疾患の病態におけるIL-21の役割(解説)
    リウマチ科 50巻4号 Page482-491(2013.10)

  • 森山雅文, 中村誠司

    【IgG4関連疾患】 IgG4関連疾患の病態形成におけるヘルパーT細胞の関与(解説/特集)
    リウマチ科 50巻6号 Page648-654(2013.12)

学会発表、講演など
  • 中村誠司

    ビデオセッション1:「頸部郭清術 -私たちの施設ではこうしている-」
    〔第一部〕従来の頸部郭清術の分類に従った手術手技の供覧 1)根治的頸部郭清術
    第31回 日本口腔腫瘍学会総会 2013.1.24-25 秋葉原
    H. 悪性腫瘍

  • 中村誠司

    IgG4関連疾患の病態形成におけるT細胞サブセットの関与
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 2013.4.18-20 京都
    U. 基礎医学

  • 田中秀明,豊嶋健史,園田顕三,北村亮二,川野真太郎,平野充広,神野哲平,丸瀬靖之,笹栗正明,大部一成,中村誠司

    口腔扁平上皮癌由来細胞株における腫瘍関連抗原RCAS1の発現、分泌と機能についての検討
    第67回日本口腔科学会学術集会 平成25年5月22-24日
    U. 基礎医学

  • 神野哲平, 川野真太郎, 平野充広, 松原良太, 清末崇裕, 後藤雄一, 丸瀬靖之, 今藤彰子, 豊嶋健史, 田中秀明, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌におけるinterleukin-6発現と臨床病理学的所見との関連
    第31回 日本口腔腫瘍学会総会 2013.1.24-25 秋葉原
    U. 基礎医学

  • 田中秀明, 豊嶋健史, 園田顕三, 北村亮二, 川野真太郎, 平野充広, 神野哲平, 丸瀬靖之, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌由来細胞株における腫瘍関連抗原 RCAS1 の発現・分泌とその機能についての検討
    第31回 日本口腔腫瘍学会総会 2013.1.24-25 秋葉原
    U. 基礎医学

  • 見立英史, 光安岳志, 後藤雄一, 辻口友美, 川野真太郎, 大部一成, 中村誠司

    下顎骨区域切除後に下歯槽神経吻合術を行った症例の検討
    第17回 口腔顔面神経機能学会学術大会 2013.3.2 福岡市
    W. その他

  • 中村誠司, 森山雅文, 田中昭彦, 前原 隆, 林田淳之將, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子

    〈招待講演〉シンポジウム「IgG4関連疾患の病態形成におけるT細胞サブセットの関与」
    第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会 2013.4.18-20 京都
    U. 基礎医学

  • 森山雅文、田中昭彦、前原隆、古川祥子、林田淳之將、中村誠司

    シェーグレン症候群の病態形成におけるThサブセットの関与
    第12回 九州シェーグレン症候群研究会 教育講演 福岡、2013.5.18
    U. 基礎医学

  • 森山雅文、田中昭彦、前原隆、古川祥子、中村誠司

    IgG4関連疾患の病態形成におけるT細胞サブセットの関与
    第18回 シェーグレン症候群セミナー 東京、2013.5.25
    U. 基礎医学

  • 大山恵子, 森山雅文, 林田淳之將, 篠崎昌一, 田中昭彦, 前原 隆, 家田晋輔, 古川祥子, 中村誠司

    唾液を用いたドライマウスの新しい診断方法および病態把握の試み
    第10回日本口腔ケア学会 2013.6.22-23 福岡
    U. 基礎医学

  • 家田晋輔, 森山雅文, 篠崎昌一, 林田淳之將, 田中昭彦, 前原 隆, 大山恵子, 古川祥子, 中村誠司

    口腔カンジダ症の新たな診断と治療法確立の試み
    第10回日本口腔ケア学会 2013.6.22-23 福岡
    U. 基礎医学

  • 中村 誠司、森山雅文、田中昭彦、前原隆、古川祥子、家田晋輔、林田淳之將

    シェーグレン症候群の唾液腺における病態形成とT細胞サブセット
    第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会 シンポジウム 2013.9.13-14 大阪
    U. 基礎医学

  • 『当科におけるドライマウスの診断と治療体系ーM3型ムスカリン受容体アゴニストによるドライマウス治療ー』

    森山雅文、田中昭彦、前原隆、大山恵子、古川祥子、太田美穂、林田淳之將、中村 誠司

    第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2013.9.13-14 大阪
    U. 基礎医学

  • 古川祥子、森山雅文、田中昭彦、前原隆、坪井洋人、林田淳之將、大山恵子、太田美穂、住田孝之、中村 誠司

    IgG4関連涙腺・唾液腺炎(IgG4-DS)の病態形成におけるM2マクロファージの関与
    第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2013.9.13-14 大阪

  • 森山雅文、川野真太郎、古川祥子、田中昭彦、前原隆、林田淳之將、大山恵子、太田美穂、中村 誠司

    IgG4関連涙腺・唾液腺炎(IgG4-DS)の診断における口唇腺および顎下腺部分生検の有用性
    第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2013.9.13-14 大阪

  • 家田 晋輔、森山雅文、清田恵美、竹下徹、前原隆、林田淳之將、篠崎昌一、田中昭彦、古川祥子、今林佑美、太田美穂、中村 崇規、山下 喜久、中村 誠司

    口腔カンジダ症の新たな診断法の試み - Internal transcribed spacer (ITS) 領域を用いた真菌の網羅的解析 -
    第26回日本口腔診断学会・第23回日本口腔内科学会 合同学術大会 2013.9.13~14 東京

  • 大山恵子、森山雅文、田中昭彦、前原隆、林田淳之將、篠崎昌一、家田 晋輔、古川祥子、太田美穂、今林佑美、中村 誠司

    唾液を用いたドライマウスの新しい診断方法および病態把握の試み
    第26回日本口腔診断学会・第23回日本口腔内科学会 合同学術大会 2013.9.13~14 東京

  • Seiji Nakamura , Masafumi Moriyama , Akihiko Tanaka , Takashi Maehara , Sachiko Furukawa , Shouichi Shinozaki , Shinsuke Ieda , Jun-Nosuke Hayashida

    Helper T subsets involved in the pathogenesis of localized autoimmune damage in Sjögren's syndrome
    12th International Symposium on Sjögren's Syndrome ワークショップ 京都 2013.10.10
    U. 基礎医学

  • Keiko Ohyama , Masafumi Moriyama , Jun-Nosuke Hayashida , Akihiko Tanaka , Takashi Maehara , Shinsuke Ieda , Sachiko Furukawa , Yumi Imabayashi , Seiji Nakamura

    Saliva as a potential tool for the diagnosis of dry mouth including Sjögren's syndrome.
    12th International Symposium on Sjögren's Syndrome 京都 2013.10.10
    U. 基礎医学

  • Masafumi Moriyama, Sachiko Furukawa, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara , Jun-Nosuke Hayashida , Keiko Ohyama, Miho Ohta, Seiji Nakamura

    IL-33 contributes to Th2 cytokine production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS).
    12th International Symposium on Sjögren's Syndrome 京都 2013.10.10
    U. 基礎医学

  • Sachiko Furukawa, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara , Hiroto Tsuboi , Jun-Nosuke Hayashida, Keiko Ohyama, Miho Ohta, Takayuki Sumida , Seiji Nakamura

    Polarized M2 macrophages promote fibrosis of glandular tissue in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS).
    12th International Symposium on Sjögren's Syndrome 京都、2013.10.10
    U. 基礎医学

  • Takashi Maehara, Masafumi Moriyama, Akihiko Tanaka, Jun-Nosuke Hayashida , Sachiko Furukawa , Keiko Ohyama, Miho Ohta, Seiji Nakamura

    IL-21 contributes to germinal center formation and IgG4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS).
    12th International Symposium on Sjögren's Syndrome 京都 2013.10.10
    U. 基礎医学

  • Miho Ohta, Akihiko Tanaka, Masafumi Moriyama, Shintaro Kawano, Takashi Maehara, Keiko Ohyama, Sachiko Furukawa, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Yojiro Arinobu, Jun-Nosuke Hayashida, Seiji Nakamura

    A case of malignant lymphoma initially suspected IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis (IgG4-DS).
    12th International Symposium on Sjögren's Syndrome 京都 2013.10.10
    U. 基礎医学

  • 田中秀明,豊嶋健史,園田顕三,北村亮二,川野真太郎,平野充広,神野哲平,丸瀬靖之,笹栗正明,大部一成,中村誠司

    口腔扁平上皮癌由来細胞株における腫瘍関連抗原RCAS1の発現と機能についての検討
    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 2013.10.11-13 福岡
    H. 悪性腫瘍

  • 松原良太,川野真太郎,清末崇裕,北村亮二,後藤雄一,平野充広,神野哲平,大部一成,杉浦 剛,中村誠司

    上部消化管内視鏡検査にて重複癌を認めた口腔扁平上皮癌症例の検討
    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 2013.10.11-13 福岡
    H. 悪性腫瘍

  • 山内 昌樹、田中 昭彦、森山 雅文、川野真太郎、林田 淳之將、前原 隆、古川 祥子、太田 美穂、中村 誠司

    IgG4関連涙腺・唾液腺炎(いわゆるMikulicz病)が疑われた悪性リンパ腫の1例
    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 2013.10.11-13 福岡
    H. 悪性腫瘍

  • 古川祥子、森山 雅文、川野真太郎、田中 昭彦、前原 隆、林田 淳之將, 大山 恵子、大山 順子、森 悦秀、中村 誠司

    Küttner腫瘍とIgG4関連涙腺・唾液腺炎(いわゆるMikulicz病)
    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 2013.10.11-13 福岡
    U. 基礎医学

  • 岡部優花, 見立英史, 川野真太郎, 大部一成,松原良太, 後藤雄一, 杉浦 剛, 中村誠司

    口腔癌術前放射線治療時の有害事象に対するセファランチン,アンサーの有用性
    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 2013.10.11-13 福岡
    H. 悪性腫瘍

2012年

1) 第22回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会
 「よりよい明日 - ふり返り、そして前進-」 (2012 6.18-19)

お蔭様をもちまして多数の先生方のご参加をいただき、盛会のうちに無事全日程を終了することができました。
これもひとえに皆様方のご協力とご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

2) Nature Reviews Rheumatology "Research Highlight" にて
  当科田中昭彦先生の論文が紹介されました

  • Katrina Ray
    Connective tissue diseases: Immune responses in Mikulicz disease differ from those in SS
    Nature Reviews Rheumatology 7, 621, 2011

  • Akihiko Tanaka, Masafumi Moriyama, Hitoshi Nakashima, Katsuhisa Miyake, Jun-Nosuke Hayashida, Takashi Maehara, Shouichi Shinozaki, Yoshiaki Kubo, and Seiji Nakamura

    Th2 and Regulatory Immune Reactions Contribute to IgG4 Production and the Initiation of Mikulicz Disease
    ARTHRITIS & RHEUMATISM 64: 254-263 2012.

誌上発表
  • Toru Chikui, Makoto Obara, Arjan Simonetti, Masahiro Ohga, Shoichi Koga, Shintaro Kawano, Yoshio Matsuo, Takeshi Kamitani, Tomoko Shiraishi, Erina Kitamoto, K. Nakamura and Kazunori Yoshiura,

    The principal of dynamic contrast enhanced MRI (DCE-MRI), the method of pharmacokinetic analysis and its application in the head and neck region,
    International Journal of Dentistry,in press,2012.09

  • Hiroe Kakehashi, Shintaro Kawano, Tamotsu Kiyoshima, Mayumi Shimizu, Masafumi Moriyama, Ryota Matsubara, Takahiro Kiyosue, Yuichi Goto, Hideki Shiratsuchi, Seiji Nakamura

    Parotid gland myoepithelioma with remarkable cystic formation: A case report
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine and Pathology, in press, 2012

  • 森山雅文, 中村誠司

    ミクリッツ病/IgG4関連疾患の病態形成におけるサイトカインの関与
    特集 IgG4関連疾患 ~21世紀に生まれた新たな疾患概念~
    最新医学 67: 979-989 2012

  • 中村誠司

    口腔ケアと喫食
    今日の治療指針 医学書院 2013年版 印刷中.

  • M. Syafrudin H., Masaaki Sasaguri, Farida K. Sulaiman, Enny T. Hardono, Akira Suzuki, Seiji Nakamura, Masamichi Ohishi

    Longitudinal Study of Effect of Hotz’s Plate and Lip Adhesion on MaxillaryGrowth in Bilateral Cleft Lip and Palate Patients Cleft Palate-Craniofac Journal 49: 230-6 2012
    A. 奇形

  • Harada S, Suzuki SO, Seki Y, Nakamura S, Iwaki T.

    Differential activation of proapoptotic molecules between mouse and rat models of distal motor trigeminal denervation.
    J Oral Pathol Med in press 2012
    U. 基礎医学

  • Maehara, T., Moriyama, M., Hayashida, J.-N., Tanaka, A., Shinozaki, S., Matsumura, K., Kubo, Yoshiaki, and Nakamura, S.

    Selective localization of Th subsets in labial salivary glands from primary Sjögren’s syndrome patients.
    Clin Exp Immunol in press 2012
    K. 唾液腺疾患

  • Maehara, T., Moriyama, M., Hayashida, J.-N., Tanaka, A., Shinozaki, S., Matsumura, K., Kubo, Yoshiaki, and Nakamura, S.

    Interleukin-21 contributes to germinal centre formation and immunoglobulin G4 production in Mikulicz’s disease.
    Ann Rheum Dis in press 2012
    K. 唾液腺疾患

  • Mitate, E., Kawano, S., Nakao, Y., Goto, Y., Kobayashi, I., Onozawa, K., Hashimoto, T., and Nakamura, S.

    Concurrence of autoantibodies to both laminin γ1 and γ2 subunits in a patient with rejection response to transplanted kidney.
    Acta Dermato-Venereologica in press 2012
    J. 粘膜疾患

  • Ryoji Kitamura, Takeshi Toyoshima, Hideaki Tanaka, Shintaro Kawano, Kazunari Oobu, Takahiro Kiyosue, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, and Seiji Nakamura

    Association of cytokeratin 17 expression with differentiation in oral squamous cell carcinoma.
    Journal of Cancer Research and Clinical Oncology in press 2012
    H. 悪性腫瘍

  • Ryota Matsubara, Shintaro Kawano, Toru Chikui, Takahiro Kiyosue, Yuichi Goto, Mitsuhiro Hirano, Teppei Jinnno, Tetsuji Nagata, Kazunari Oobu, Koichiro Abe, and Seiji Nakamura

    Clinical significance of combined assessment of the maximum standardized uptake value of F-18 FDG PET with nodal size in the diagnosis of cervical lymph node metastasis of oral squamous cell carcinoma
    Academic Radiology in press 2012
    H. 悪性腫瘍

  • Shinozaki, S., Hayashida, J.-N., Moriyama, M., Tanaka, A., Maehara, T., Ieda, S., and Nakamura, S.

    Close association between oral Candida species and oral mucosal disorders in patients with xerostomia.
    Oral Diseases in press 2012
    K. 唾液腺疾患

  • Tanaka A, Moriyama M, Nakashima H, Miyake K, Hayashida JN, Maehara T, Shinozaki S, Kubo Y, Nakamura S.

    Th2 and regulatory immune reactions contribute to IgG4 production and the initiation of Mikulicz disease.
    Arthritis Rheum 64: 254-63 2012
    K. 唾液腺疾患

  • Toru Chikui, Erina Kitamoto, Shintaro Kawano, Toshiyuki Kawazu, Masamitsu Hatakenaka, Syouzou Koga, Masahiro Ohga,Yoshio Matsuo, Syunya Sunami, Tsuyoshi Sugiura, Yoshiyuki Shioyama, Makoto Obara, Kazunori Yoshiura

    A pharmacokinetic analysis based on dynamic contrast-enhanced MR imaging for evaluating the tumor response to preoperative therapy for oral cancer
    Journal of Magnetic Resonance Imaging ,in press, 2012.
    S. X線

  • Toyoshima T, Kumamaru W, Hayashida JN, Moriyama M, Kitamura R, Tanaka H, Yamada A, Itoh K, Nakamura S.

    In vitro induction of specific CD8(+) T lymphocytes by tumor-associated antigenic peptides in patients with oral squamous cell carcinoma.
    Cancer Lett in press 2012
    U. 基礎医学

  • Umehara H, Okazaki K, Masaki Y, Kawano M, Yamamoto M, Saeki T, Matsui S, Yoshino T, Nakamura S, Kawa S, Hamano H, Kamisawa T, Shimosegawa T, Shimatsu A, Nakamura S, Ito T, Notohara K, Sumida T, Tanaka Y, Mimori T, Chiba T, Mishima M, Hibi T, Tsubouchi H, Inui K, Ohara H.

    Comprehensive diagnostic criteria for IgG4-related disease (IgG4-RD).
    Mod Rheumatol 22: :21-30 2012
    U. 基礎医学

  • Takashi Maehara, Masafumi Moriyama, Hitoshi Nakashima, Katsuhisa Miyake, Jun-Nosuke Hayashida, Akihiko Tanaka, Shoichi Shinozaki, Yoshiaki Kubo, Seiji Nakamura

    Interleukin-21 contributes to germinal centre formation and immunoglobulin G4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so called Mikulicz’s disease
    Annals of the Rheumatic Diseases, in press, 2012
    U. 基礎医学

  • T. Maehara, M. Moriyama, J.-N. Hayashida, A. Tanaka, S. Shinozaki, Y. Kubo, K. Matsumura and S. Nakamura

    Selective localization of T helper subsets in labial salivary glands from primary Sjögren's syndrome patients
    Clinical & Experimental Immunology 169(2),88-99, 2012
    U. 基礎医学
    本論文のFigureがこの号の表紙を飾りました。

  • 吉賀大午, 川野真太郎, 小林家吉, 鈴木華子, 後藤雄一, 中村誠司

    臼後部に発生した多形腺腫の1例
    日本口腔外科学会雑誌 印刷中, 2012.08.
    G.良性腫瘍

  • 森山雅文, 神田詩織, 川野真太郎, 立石康一郎, 後藤雄一, 中村誠司

    口腔扁平苔癬および掌蹠膿疱症の発症と金属アレルギーとの関連についての検討,
    日本口腔外科学会雑誌, 印刷中, 2012.08.
    U. 基礎医学

学会発表、講演など
  • 田村直子, 笹栗正明, 森 悦秀, 中村誠司

    片側性唇顎裂と片側性唇顎口蓋裂患者における顎顔面成長の比較
    ‐口唇形成時から成人までの経年的研究‐
    第66回日本口腔科学会学術集会 2012.5.17 広島
    A. 奇形

  • 鬼村朋宏, 武富孝治, 吉賀大午, 村津大地, 中村誠司

    FGF シグナル抑制因子 Sprouty2 による骨芽細胞増殖・分化制御機構の解析
    第66回日本口腔科学会学術集会 2012.5.17 広島
    U. 基礎医学

  • 神田詩織, 中尾 祐, 光安岳志, 川野真太郎, 後藤雄一, 中村誠司

    エナメル上皮腫の細胞増殖における Shh signaling 分子の関与
    第66回日本口腔科学会学術集会 2012.5.17 広島
    U. 基礎医学 ポスター賞受賞

  • 笹栗正明, 鈴木 陽, 窪田泰孝, 光安岳志, 長谷川幸代, 二宮浩史, 増田啓次, 柳田憲一, 辻口友美, 安永 敦, 吉住潤子, 山田逸朗, 新井伸作, 山座治義, 松村香織, 矢原佳枝, 糸永理沙, 高橋一郎, 森 悦秀, 中村誠司

    九州大学病院口唇口蓋裂クリニックにおける診療体系
    第36回日本口蓋裂学会 2012.5. 京都
    A. 奇形

  • 辻口友美

    異常構音を有する口蓋裂患者の語音弁別能に関する検討
    第36回日本口蓋裂学会 2012.5. 京都
    A. 奇形 優秀論文賞受賞

  • 古川祥子, 豊嶋健史, 林田淳之將, 新井伸作, 八坂美沙, 北原享, 白土雄司, 高橋一郎, 中村誠司

    ビスフォスフォネート製剤投与を受けたターナー症候群患者に外科的矯正手術を施行した1例
    第22回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会 2012.6 福岡
    A. 奇形 ポスター賞受賞

  • 後藤雄一, 大部一成, 杉浦 剛, 川野真太郎, 今城育美, 神田詩織, 村津大地, 平野充広, 田中秀明, 神野哲平, 城後るみ, 熊丸 渉, 森 悦秀,中村誠司

    口腔扁平上皮癌頸部転移に対する術後治療の有用性についての検討
    九州地区口腔がん治療研究会 2011.06.22 鹿児島
    H. 悪性腫瘍

  • 古川祥子, 林田淳之將, 久保慶朗, 豊嶋健史, 森山雅文, 田中昭彦, 前原 隆, 大山恵子, 家田晋輔, 中村誠司

    当科過去 5 年間における口腔扁平苔癬の臨床統計的検討
    日本口腔外科学会九州地方会 2011.06.23 鹿児島
    J. 粘膜疾患

  • 笹栗正明

    口腔外科、インプラント治療の偶発症とリカバリー
    九州大学歯学部同窓会 「臨床医のための症例検討セミナー」
    2012.7.25 福岡
    W. その他

  • 村津大地, 吉賀大午, 武富孝治, 鬼村朋宏, 中村誠司

    Zoledoronate が TLR4 シグナルを介した炎症反応へ与える影響
    骨代謝学会 東京
    U. 基礎研究

  • 豊嶋健史, 林田淳之將, 桑鶴利香, 安永 敦, 見立英史, 清末崇裕, 八坂美沙, 田中昭彦, 北村亮二, 田中秀明, 白土雄司, 中村誠司

    上顎骨骨折変形治癒に対して顎矯正手術とインプラント治療により形態的および機能的回復を獲得した1例
    第14回 日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会 学会誌投稿推薦演題

  • 村津大地, 吉賀大午, 武富孝治, 鬼村朋宏, 中村誠司

    Zoledronic acids enhance lipopolysaccharide-stimulated pro-inflammatory reaction in macrophages
    PER/IADR Congress, Helsinki, Finland, Sep 12-15, 2012.
    U. 基礎研究

  • 村津大地, 吉賀大午, 武富孝治, 鬼村朋宏, 中村誠司

    Zoledronate の TLR4 シグナルを介した自然免疫への関与
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜) 優秀ポスター発表賞
    U. 基礎研究

  • 神田詩織, 光安岳志, 川野真太郎, 後藤雄一, 中村誠司

    エナメル上皮腫の細胞増殖におけるShhシグナル関連分子の関与
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜) 優秀ポスター発表賞
    U. 基礎研究

  • 鬼村朋宏, 武富孝治, 吉賀大午, 村津大地, 中村誠司

    MAPKおよびSmad経路を介したSprouty2による骨芽細胞の増殖・分化制御機構の解析
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜)
    U. 基礎研究

  • 平野充広, 川野真太郎, 後藤雄一, 松原良太, 清末崇裕, 北村亮二, 神田詩織, 村津大地, 田中秀明, 神野哲平, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌患者における術前血清CRP値とアルブミン値の臨床的意義-予後予測因子としての有用性について-
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜)
    H. 悪性腫瘍

  • 森山雅文, 林田淳之將, 田中昭彦, 前原 隆, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子, 中村誠司

    ミクリッツ病/IgG4関連疾患の臨床的検討
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜)

  • 田中昭彦, 森山雅文, 林田淳之將, 前原 隆, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子, 中村誠司

    ミクリッツ病/IgG4関連疾患のIgG4産生におけるサイトカイン・ケモカインの関与
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜)
    U. 基礎研究

  • 前原 隆, 森山雅文, 林田淳之將, 田中昭彦, 篠崎昌一, 久保慶朗, 古川祥子, 中村誠司

    ミクリッツ病/IgG4関連疾患の胚中心過形成におけるIL-21の関与
    第57回日本口腔外科学会総会 (横浜)
    U. 基礎研究

  • Takashi Maehara, Masafumi Moriyama, Jun−nosuke Hayashida, Akihiko Tanaka, Shouichi Shinozaki, Yoshiaki Kubo, and Seiji Nakamura

    Interleukin-21 contributes to germinal center formation and immunoglobulin G4 production in IgG4-related dacryoadenitis and sialoadenitis, so called Mikulicz’s disease
    ACOMS (アジア口腔顎顔面外科学会) 2012.11.15-18, Bali
    U. 基礎研究

  • 村津大地, 吉賀大午, 武富孝治, 鬼村朋宏, 中村誠司

    Zoledronic acids enhance lipopolysaccharide-stimulated inflammatory reaction in macrophages
    ACOMS (アジア口腔顎顔面外科学会) 2012.11.15-18, Bali
    U. 基礎研究

  • Shinsaku Arai, Masaaki Sasaguri, Shintaro Kawano, Takaharu Taketomi, Takeshi Toyoshima, Ryota Matsubara, Hideaki Tanaka, Yoshiaki Kubo, Kazunari Oobu, Seiji Nakamura.

    AVAILABILITY OF SIRS EVALUATION FOR EARLY POSTOPERATIVE PERIOD IN ORAL CANCER SURGERY
    ACOMS (アジア口腔顎顔面外科学会) 2012.11.15-18, Bali

  • A CASE OF AICARDI SYNDROME WITH CLEFT LIP AND PALATE

    Kaori Matsumura, Masaaki Sasaguri, Takeshi Mitsuyasu, Tomomi Tsujiguchi, Shinsaku Arai, Seiji Nakamura

    ACOMS (アジア口腔顎顔面外科学会) 2012.11.15-18, Bali
    A. 奇形

  • Relationship between fungal and oral mucosal disease

    家田晋輔, 森山雅文, 竹下 徹, 林田淳之将, 篠崎昌一, 田中昭彦, 前原 隆, 大山恵子, 久保慶朗, 古川祥子, 山下喜久, 中村誠司

    第60回JADR総会・学術大会, 新潟コンベンションセンター, 2012/12/14 - 15
    U. 基礎研究

  • IL-33 promotes the pathogenesis of Sjögren syndrome and Mikulicz's disease

    Sachiko Furukawa, Masafumi Moriyama, Jun-Nosuke Hayashida, Akihiko Tanaka, Takashi Maehara, Keiko Ohyama, Kubo Yoshiaki, Shinsuke Ieda, and Seiji Nakamura

    第60回JADR総会・学術大会, 新潟コンベンションセンター, 2012/12/14 - 15
    U. 基礎研究

2011年

誌上発表
  • Kaori Matsumura, Takaharu Taketomi, Keigo Yoshizaki, Shinsaku Arai, Terukazu Sanui, Daigo Yoshiga, Akihiko Yoshimura, and Seiji Nakamura

    Sprouty2 controls proliferation of palate mesenchymal cells via fibroblast growth factor signaling
    Biochemical and Biophysical Research Communications 404: 1076-1082 2011
    A. 奇形

  • Kawakubo, T., Yasukouchi, A., Nakamura, S., and Yamamoto, K.

    Cathepsin E as a potent anticancer protease. (Review/Rising Members Award)
    J. Oral Biosci 53: 128-136 2011.
    U. 基礎医学

  • Kawakubo,T., Yasukouchi, A., Okamoto, K., Okamoto, Y., Nakamura, S., and Yamamoto, K.

    The role of cathepsin E in terminal differentiation of keratinocytes.
    Biol Chem 392: 571-85 2011.
    U. 基礎医学

  • Kiyosue T, Kawano S, Matsubara R, Goto Y, Hirano M, Jinno T, Toyoshima T, Kitamura R, Oobu K, Nakamura S.

    Immunohistochemical location of the p75 neurotrophin receptor (p75NTR) in oral leukoplakia and oral squamous cell carcinoma.
    Int J Clin Oncol in press 2011.
    J. 粘膜疾患

  • Matsubara R, Kawano S, Kiyosue T, Goto Y, Hirano M, Jinno T, Toyoshima T, Kitamura R, Oobu K, Nakamura S.

    Increased ΔNp63 expression is predictive of malignant transformation in oral epithelial dysplasia and poor prognosis in oral squamous cell carcinoma.
    Int J Oncol 39: 1391-9 2011.
    H. 悪性腫瘍

  • Mitate, E., Sasaguri, M., Oobu K., Mitsuyasu, T., Tanaka, A., Kiyosue, T., and Nakamura, S.

    Postoperative changes of blood flow in free microvascular flaps transferred for reconstruction of oral cavity: Effects of intravenous infusion of prostaglandin E1.
    Asian J Oral and Maxillofac Surg 23: 113-116 2011.
    H. 悪性腫瘍

  • Nakamura N, Sasaguri M, Okawachi T, Nishihara K, Nozoe E

    Secondary correction of bilateral cleft lip nose deformity - Clinical and three-dimensional observation on pre and postoperative outcome
    J CraniomaxillofacSurg 39: 305-312 2011.
    A. 奇形

  • Teramachi, J., Kukita, A., Li, Y.-J., Yuki Ushijima, Y., Ohkuma, H., Wada, N., Watanabe, T., Nakamura, S., and Kukita, T.

    Adenosine cancels MTX-induced-suppression of osteoclastogenesis and inflammatory bone destruction in adjuvant-induced arthritis.
    Lab Invest 91: 719-31 2011.
    U. 基礎医学

  • Toru Chikui, Shintaro Kawano, Toshiyuki Kawazu, Masamitsu Hatakenaka, Syouzou Koga, Masahiro Ohga,Yoshio Matsuo, Syunya Sunami, Tsuyoshi Sugiura, Yoshiyuki Shioyama, Makoto Obara, Kazunori Yoshiura

    Prediction and monitoring of the response to chemoradiotherapy in oral squamous cell carcinomas using a pharmacokinetic analysis based on the dynamic contrast-enhanced MR imaging findings
    Eur Radiol 21: 1699-708 2011.
    S. X線

  • Yoshihiro Seki, Satoshi O. Suzuki, Kenta Masui, Shiori Harada, Seiji Nakamura, Shigenobu Kanba, and Toru Iwaki

    A simple and high-yield method for preparation of rat microglial cultures utilizing Aclar plastic film
    J Neuropathology 31: :215-21 2011.
    U. 基礎医学

  • 後藤雄一, 川野真太郎, 大部一成, 鈴木華子, 松原良太, 清末崇裕, 小林家吉, 白土雄司, 中村誠司

    著明な嚢胞形成を伴った顎下腺多形腺腫の1例
    口腔腫瘍 23: 17-23 2011.
    K. 唾液腺疾患

  • 松村香織, 笹栗正明, 光安岳志, 森山雅文, 新井伸作, 中村誠司

    PHACES 症候群の1例
    日口外誌 57: 587-590 2011.
    W. その他

  • 川野真太郎, 鈴木華子, 松原良太, 清末崇裕, 清島保, 中村誠司

    舌下腺に発生した多形腺腫の1例
    日口外誌 57: 335-339 2011.
    G.良性腫瘍

学会発表
  • 大部一成, 中村誠司

    当科における角化嚢胞性歯原性腫瘍の治療についての検討 (ワークショップ)
    第29回日本口腔腫瘍学会(2011, 熊本)
    F. 歯原性腫瘍

  • Akihiko Tanaka, Masafumi Moriyama, Jun-nosuke Hayashida, Takashi Maehara, Shouichi Shinozaki, Yoshiaki Kubo, and Seiji Nakamura

    Involvement of cytokines in the pathogenesis of Mikulicz’s disease
    89th General Session and Exhibition of the International Association of Dental Research (2011, SanDiego)
    K. 唾液腺疾患

  • Goto, Y., Kawano, S., Hayashida, J.-N., Ikari, T., Toyoshima, T., Minamizato, T., Kiyosue, T., Matsubara, R., Oobu, K., Shiratsuchi, Y., Mori, Y. and Nakamura, S.

    Resistant factors to the conservative therapy for BRONJ
    The 6th international joint symposium on “dental and craniofacial morphogenesis and tissue regeneration” and “oral health science” (2011, 福岡)
    W. その他

  • Kaori Matsumura, Takaharu Taketomi, Keigo Yoshizaki, Shinsaku Arai, Masafumi Moriyama, Takashi Maehara, Terukazu Sanui, Daigo Yoshiga, Akihiko Yoshimura, and Seiji Nakamura

    Sprouty2 controls the palate mesenchymal cell proliferation via FGF signaling
    89th International Association of Dental Research (2011, SanDiego)
    A. 奇形

  • Ryoji Kitamura, Takeshi Toyoshima, Shintaro Kawano, Kazunari Oobu,Takahiro Kiyosue, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, and Seiji Nakamura

    Immunohistochemical analyses of cytokeratins in oral squamous cell carcinoma
    89th General Session and Exhibition of the International Association of Dental Research (2011, SanDiego)
    H. 悪性腫瘍

  • Ryoji Kitamura, Takeshi Toyoshima, Shintaro Kawano, Kazunari Oobu,Takahiro Kiyosue, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, and Seiji Nakamura

    Association of cytokeratin 17 expression with differentiation of tumor cells in oral quamous cell carcinoma
    The 6th international joint symposium on “dental and craniofacial morphogenesis and tissue regeneration” and “oral health science” (2011, 福岡)
    H. 悪性腫瘍

  • T. MAEHARA, M. MORIYAMA, J.-N. HAYASHIDA, A. TANAKA, S. SHINOZAKI, K. MATSUMURA, and S. NAKAMURA

    Localization of Th subsets in salivary gland of Sjögren's syndrome
    89th General Session and Exhibition of the International Association of Dental Research (2011, SanDiego)
    K. 唾液腺疾患

  • T.Maehara, M.Moriyama, J.-N.Hayashida, A.Tanaka, S.Shinozaki, K.Matsumura, Y, Kubo, and S.Nakamura

    Localization of Th subsets in salivary glands of Sjögren’s syndrome.
    The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (2011, 広島)
    K. 唾液腺疾患

  • T.Maehara, M.Moriyama, J.-N.Hayashida, A.Tanaka, S.Shinozaki, K.Matsumura, Y, Kubo, S, and S.Nakamura

    Localization of Th subsets in salivary glands of Sjögren’s syndrome.
    11th International Symposium on Sjogren's Syndrome (2011, Athens)
    K. 唾液腺疾患

  • Y. GOTO, S. KAWANO, R. MATSUBARA, T. KIYOSUE, M. HIRANO, T. JINNO, T. TOYOSHIMA, R. KITAMURA, K. OOBU and S. NAKAMURA

    Possible involvement of ΔNp63 in invasion and metastasis of OSCC
    The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (2011, 広島)
    (The Hatton Award 2012 Finalist)
    U. 基礎医学

  • 北村亮二, 豊嶋健史, 川野真太郎, 大部一成, 清末崇裕, 松原良太, 後藤雄一, 田中秀明, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌の分化度の違いによるサイトケラチン17の発現様式
    第29回日本口腔腫瘍学会(2011, 熊本)
    H. 悪性腫瘍

  • 笹栗正明

    口腔外科手術手技シンポジウム-下顎埋伏智歯抜歯-
    第79回日本口腔外科学会九州地方会 (2011, 福岡)
    W. その他

  • 笹栗正明

    小児口腔外科手術の周術期管理 小児の術前術後管理-口腔外科の立場から- (シンポジウム)L
    第79回日本口腔外科学会九州地方会 (2011, 福岡)
    W. その他

  • 笹栗正明

    「出生前診断された外科疾患」口唇口蓋裂治療における出生前診断の意義
    第24回福岡周産母子懇話会 (2011, 福岡)
    W. その他

  • 笹栗正明, 新井伸作, 光安岳志, 長谷川幸代, 辻口友美, 松村香織, 田村直子, 中村誠司

    口蓋裂患者の鼻咽腔閉鎖機能不全症例におけるRepushback手術法の検討
    第35回日本口蓋裂学会 (2011, 新潟)
    A. 奇形

  • 田村直子, 笹栗正明, 光安岳志, 松村香織, 辻口友美, 新井伸作, 森悦秀, 中村誠司

    口唇口蓋裂患者の顎顔面発育に関する経年的研究 -0歳から15歳までの成長変化-
    第56回日本口腔外科学会総会 (2011, 大阪)
    A. 奇形

  • 中尾 祐, 大部一成, 白土雄司, 平野充弘, 北村亮二, 吉賀大午, 中村誠司

    NaOH服用による自殺企図で生じた口腔化学熱傷の1例
    第13回日本口腔顎顔面外傷学会総会 (2011, 宮崎)
    D. 外傷

  • 山下裕美, 梯 裕恵, 上原雅隆, 白石剛士, 藤田修一, 池田 通, 朝比奈 泉

    悪性腫瘍が疑われた膿原性肉芽腫の1例
    第79回日本口腔外科学会九州地方会 (2011, 福岡)
    J. 粘膜疾患

  • 古川祥子, 松村香織, 光安岳志, 笹栗正明, 豊嶋健史, 辻口友美, 新井伸作, 田村直子, 清島 保, 中村誠司

    口唇形成術後に認められた断端神経腫の一例
    第79回日本口腔外科学会九州地方会 (2011, 福岡)
    W.その他

  • 後藤雄一, 川野真太郎, 松原良太, 清末崇裕, 平野充広, 豊嶋健史, 北村亮二, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌における浸潤・転移の分子機構の解明ーΔNp63の発現と上皮−間葉転換との関連についてー
    第65回日本口腔科学会学術集会 (2011, 東京)
    U. 基礎医学

  • 後藤雄一, 川野真太郎, 松原良太, 清末崇裕, 平野充広, 神野哲平, 豊嶋健史, 北村亮二, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌の浸潤・転移におけるΔNp63を介した上皮−間葉転換の関与 (優秀ポスター発表賞)
    第56回日本口腔外科学会総会 (2011, 大阪)
    U. 基礎医学

  • 後藤雄一, 川野真太郎, 松原良太, 清末崇裕, 平野充広, 豊嶋健史, 北村亮二, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌における浸潤、転移の分子機構の解明− ΔNp63を介した上皮-間葉転換の関与について −
    第35回日本頭頸部癌学会 (2011, 愛知)
    U. 基礎医学

  • 新井伸作, 笹栗正明, 武富孝治, 豊嶋健史, 田中秀明, 久保慶朗, 川野真太郎, 大部一成, 中村誠司

    口腔悪性腫瘍術後早期におけるSIRS評価の有用性についての検討
    第65回日本口腔科学会学術集会 (2011, 東京)
    W. その他

  • 神野哲平, 豊嶋健史, 光安岳志, 辻口友美, 田中秀明, 川野真太郎, 大部一成, 中村誠司

    口蓋垂に発生した類表皮嚢胞の1例
    第44回日本口腔科学会九州地方部会 (2011, 福岡)
    E. 嚢胞性疾患

  • 川野真太郎, 大部一成, 松原良太, 清末崇裕, 後藤雄一, 平野充広, 豊嶋健史, 北村亮二, 白土雄司, 中村誠司

    浸潤様式4D型口腔扁平上皮癌の臨床病理学的検討 ー非4D型症例との比較ー
    第29回日本口腔腫瘍学会(2011, 熊本)
    H. 悪性腫瘍

  • 豊嶋健史, 北村亮二, 川野真太郎, 新井伸作, 清末崇裕, 松原良太, 後藤雄一, 久保慶朗, 田中秀明, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌における CTLA-4 遺伝子多型の発現
    第29回日本口腔腫瘍学会(2011, 熊本)
    H. 悪性腫瘍

2010年

誌上発表
  • 中村誠司

    口腔乾燥症
    開業医が診る口腔粘膜疾患 診断から対応まで
    デンタルダイヤモンド社 2010, 116-119.

  • 中村誠司

    口が“かわく”と訴える患者が来院したら?
    医師・歯科医師のための口腔診療必携
    金原出版株式会社 2010, 112-114.

  • 中間 (辻口) 友美, 笹栗正明, 緒方祐子, 長谷川幸代, 光安岳志, 新井伸作, 松村香織, 中村誠司

    異常構音を有する口蓋裂患者の語音弁別に関する検討
    日口蓋誌 35: 186-94 2010. 優秀論文賞受賞
    A. 奇形

  • Kämmerer P, Toyoshima T, Eletr S, Kämmerer P, Kuhr K, Al-Nawas B, Brieger J.

    Single nucleotide polymorphisms of the vascular endothelial growth factor gene associated with incidence of oral squamous cell carcinoma
    J Oral Pathol Med 39: 786-92 2010.
    H. 悪性腫瘍

  • Kämmerer P, Toyoshima T, Schöder F, Kämmerer P, Kuhr K, Brieger J, Al-Nawas B.

    Association of T cell regulatory gene polymorphisms with oral squamous cell carcinoma
    Oral Oncol 46: 543-8 2010.
    H. 悪性腫瘍

  • 松山美和, 大部一成, 川野真太郎, 松下恭之, 中村誠司, 古谷野 潔

    舌可動部亜全摘症例に対するリハビリテーションとその治療効果
    顎顔面補綴 33: 15-22 2010.
    I. 口腔機能

  • H. Nakashima, K. Miyake, M. Moriyama, A. Tanaka, M. Watanabe, Y. Abe, H. Sato, S. Nakamura and T. Saito

    An amplification of IL-10 and TGF-b in patients with IgG4-related tubulointerstitial nephritis.
    Clinical Nephrology 73: 385-391 2010.
    K. 唾液腺疾患

  • Atsushi Ysukochi, Tomoyo Kawakubo, Seiji Nakamura and Kenji Yamamoto

    Cathepsin E enhances anticancer activity of doxorubicin on human prostate cancer cells showing resistance to TRAIL-mediated apoptosis
    Biol Chem 391: 947-958 2010.
    U. 基礎医学

  • Klein MO, Bijelic A, Toyoshima T, Wieland M, Al-Nawas B.

    Early responses of osteogenic cells on microstructured high energy titanium surfaces-sequence of proliferation and cell differentiation
    Clin Oral Implants Res 21: 642-9 2010.
    W. その他

  • Suzuki, H., Onimaru, M., Yonemitsu, Y., Maehara, Y., Nakamura, S., and Sueishi, K.

    Podoplanin in cancer cells is experimentally able to attenuate prolymphangiogenic and lymphogenous metastatic potentials of lung squamoid cancer cells.
    Molecular Cancer 9: 287-301 2010.
    W. その他

  • Suzuki, H., Onimaru, M., Yonemitsu, Y., Maehara, Y., Nakamura, S., and Sueishi, K.

    High podoplanin expression in cancer cells predicts lower incidence of nodal metastasis in patients with lung squamous cell carcinoma.
    Pathology-Research and Practice 207: 111-115 2010.
    W. その他

  • Yasukouchi, A., Kawakubo,T., Nakamura, S., and Yamamoto, K.

    Cathepsin E enhances anticancer activity of doxorubicin on human prostate cancer cells showing resistance to TRAIL-mediated apoptosis.
    Biol Chem 391: 947-958 2010.
    W. その他

学会発表
  • Tomomi NAKAMA, Masaaki SASAGURI, Yuko OGATA, Sachiyo HASEGAWA, Takeshi MITSUYASU, Shinsaku ARAI, Kaori MATSUMURA, and Seiji Nakamura

    A study of speech discrimination ability of cleft palate patients with abnormal articulation
    6th congress of the International Cleft Palate Foundation (Seoul, Korea)
    A. 奇形

  • Shinsaku Arai, Masaaki Sasaguri, Takeshi Mitsuyasu, Tomomi Tsujiguchi, Kaori Matsumura, Naoko Tamura, Seiji Nakamura.

    Evaluation of re-pushback surgery for cleft palate patients with severe velopharyngeal incompetence
    6th Congress of the International Cleft Lip and Palate Foundation (Seoul Korea)
    A. 奇形

  • 松村香織, 武富孝治,笹栗正明,光安岳志,辻口友美,吉賀大午,新井伸作,吉崎恵悟,中村誠司

    マウス口蓋形成におけるSprouty2の役割
    第34回 日本口蓋裂学会総会学術大会(東京)
    A. 奇形

  • 松村香織,武富孝治,笹栗正明,光安岳志,吉賀大午,新井伸作,前原 隆,讃井彰一,中村誠司

    Sprouty2はマウス口蓋癒合に関与する
    第64回 日本口腔科学会学術集会(札幌) 学会賞受賞
    A. 奇形

  • 松村香織, 武富孝治,笹栗正明,光安岳志,辻口友美,吉賀大午,新井伸作,吉崎恵悟,中村誠司

    Sprouty2 deficient mice exhibit cleft palate.
    6th Congress of the International Cleft Lip and Palate Foundation (Seoul, Korea) 学会賞受賞
    A. 奇形

  • 松村香織, 武富孝治,新井伸作,前原隆,吉賀大午,吉村明彦,中村誠司

    Sprouty2 deficient mice exhibit cleft palate.
    88th International Association of Dental Research (Barcelona, Spain)
    A. 奇形

  • Tomomi NAKAMA, Masaaki SASAGURI, Yuko OGATA, Sachiyo HASEGAWA, Takeshi MITSUYASU, Shinsaku ARAI, Kaori MATSUMURA, and Seiji Nakamura

    A study of speech discrimination ability of cleft palate patients with abnormal articulation
    6th Congress of the International Cleft Lip and Palate Foundation (Seoul, Korea)
    A. 奇形

  • 松村香織, 武富孝治, 吉崎恵悟, 新井伸作, 笹栗正明, 光安岳志, 前原 隆, 讃井彰一, 吉賀大午, 中村誠司

    Sprouty2遺伝子欠損マウスにおける口蓋裂の発症について
    第55回日本口腔外科学会総会
    A. 奇形

  • Takaharu Taketomi, Daigo yoshiga, Kaori matsumura, Takeshi Mitsuyasu, Terukazu Sanui, Takao Fukuda, Akihiko Yoshimura, Seiji Nakamura

    Sprouty2 accelerates the growth of ameloblastoma with EGF stimulation.
    88th International Association of Dental Research (Barcelona, Spain)
    F. 歯原性腫瘍

  • Toru Chikui, Shintaro Kawano, Yoshio Matsuo, Syunya Sunami, Takeshi Kamitani, Syozou Koga, Kazunori Yoshiura.

    Evaluating the effect of preoperative chemoradiotherapy using a pharmacokinetic analysis of dynamic contrast enhanced MR imaging
    (1)
    The 23rd European Society of Head and Neck Radiology
    H. 悪性腫瘍

  • Toru Chikui, Shintaro Kawano, Yoshio Matsuo, Syunya Sunami, Takeshi Kamitani, Syozou Koga, Masahiro Ooga, Kazunori Yoshiura.

    Evaluating the effect of preoperative chemoradiotherapy using a pharmacokinetic analysis of dynamic contrast enhanced MR imaging
    (2)
    The 23rd European Society of Head and Neck Radiology
    H. 悪性腫瘍

  • 川野真太郎, 大部一成, 杉浦 剛, 後藤雄一, 清末崇裕, 松原良太, 今城育美, 白土雄司, 竹之下康治, 森悦秀, 中村誠司

    浸潤様式4D型口腔扁平上皮癌の臨床病理学的検討
    九州地区口腔癌研究会 第14回学術講演会
    H. 悪性腫瘍

  • Ryoji KITAMURA, Takeshi TOYOSHIMA, Shintaro KAWANO, Takahiro KIYOSUE, Ryota MATSUBARA, Yuichi GOTO, Kazunari OOBU, Seiji NAKAMURA

    Immunohistochemical analysis of cytokeratin 17 in oral squamous cell carcinoma,
    10th Biennial Congress of the European Association of Oral Medicine(London)
    H. 悪性腫瘍

  • 松原良太, 川野真太郎, 清末崇裕, 後藤雄一, 中尾 祐, 豊嶋健史, 梯 裕恵, 吉賀大午, 北村亮二, 大部一成 , 中村誠司

    口腔扁平上皮癌におけるΔNp63の発現と機能
    第64回 日本口腔科学会学術集会(札幌)
    H. 悪性腫瘍

  • Ryota MATSUBARA, Shintaro KAWANO, Takahiro KIYOSUE, Yuichi GOTO, Yu NAKAO, Takeshi TOYOSHIMA, Hiroe KAKEHASHI, Ryoji K, Daigo YOSHIGA,,Kazunari OOBU, Seiji NAKAMURA

    Possible involvement of ΔNp63 in proliferation and differentiation of OSCC
    10th Congress of the European Association of Oral Medicine incorporating the World Workshop on Oral Medicine(London)
    H. 悪性腫瘍

  • Kiyosue, T., Kawano, S., Matsubara, R., Goto, Y., Nakao, Y., Toyoshima, T., Kakehashi, H., Kitamura, R., Yoshiga, D., Oobu, K., and Nakamura,

    Immunohistochemical localization of p75NTR in oral leukoplakia and OSCC
    European Association of Oral Medicine 10th biennial conference (London)
    H. 悪性腫瘍

  • 見立英史, 大部一成, 吉賀大午, 河津俊幸, 小林家吉, 川野真太郎, 中村誠司

    下顎歯肉に認められた腺扁平上皮癌の1例
    第28回 日本口腔腫瘍学会総会学術大会 (東京)
    H. 悪性腫瘍

  • 見立英史, 中尾 祐, 小林家吉, 橋本 隆, 清島 保, 坂井英隆, 川野真太郎, 田中昭彦, 前原隆, 林田淳之將, 中村誠司

    口腔粘膜と皮膚に発症したp200 (ラミニンγ1) とラミニン332を抗原とする類天疱瘡の1例
    第20回 日本口腔粘膜学会総会学術集会(大阪)
    H. 悪性腫瘍

  • 松原良太, 川野真太郎, 清末崇裕, 後藤雄一, 中尾 祐, 豊嶋健史, 梯 裕恵, 吉賀大午, 北村亮二, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌におけるΔNp63の発現と機能
    第55回 日本口腔外科学会総会(幕張)
    H. 悪性腫瘍

  • 北村亮二, 豊嶋健史, 川野真太郎, 清末崇裕, 松原良太, 後藤雄一, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌におけるサイトケラチン17の発現についての検討
    第55回 日本口腔外科学会総会(幕張)
    H. 悪性腫瘍

  • Akihiko Tanaka, Masafumi Moriyama, Jun-nosuke Hayashida, Takashi Maehara, Shouichi Shinozaki, and Seiji Nakamura

    Involvement of cytokines in the pathogenesis of Mikulicz’s disease
    88th International Association of Dental Research (Barcelona, Spain)
    K. 唾液腺疾患

  • 前原 隆, 森山雅文, 林田淳之將, 田中昭彦, 篠崎昌一, 松村香織, 中村誠司

    シェーグレン症候群の病変局所におけるThサブセットの局在
    第64回 日本口腔科学会学術集会(札幌)学会賞受賞
    K. 唾液腺疾患

  • T.Maehara, M.Moriyama, J.-N.Hayashida, A.Tanaka, S.Shinozaki, K.Matsumura, and S.Nakamura

    Localization of Th subsets in lesions of Sjögren’s syndrome.
    88th International Association of Dental Research (Barcelona, Spain)
    K. 唾液腺疾患

  • 前原 隆, 森山雅文, 林田淳之將, 田中昭彦, 篠崎昌一, 松村香織, 中村誠司

    シェーグレン症候群の病変局所におけるThサブセットの局在に関する検討
    第19回 日本シェーグレン症候群学会
    K. 唾液腺疾患

  • Daigo YOSHIGA, Takaharu TAKETOMI, Daichi MURATSU, Tomohiro ONIMURA, Hiroshi SHIRAISHI, Takahito SANADA, Takashi KOBAYASHI, and Seiji NAKAMURA

    RNF135, a RING finger protein, negatively regulates RAS/MAPK signaling
    88th International Association of Dental Research (Barcelona, Spain)
    U. 基礎医学

  • 原田志織, 鈴木 諭, 関善弘, 岩城徹

    マウス三叉神経運動枝除神経モデルにおける三叉神経運動核の変性過程
    第51回 日本神経病理学会総会学術研究会
    U. 基礎医学

  • 原田志織, 鈴木 諭, 関 善弘, 岩城 徹, 中村誠司

    マウス三叉神経運動枝除神経モデルにおける三叉神経運動核の変性過程
    第64回 日本口腔科学会学術集会
    U. 基礎医学

  • Shiori Harada, Satoshi O. Suzuki, Yoshihiro Seki, Seiji Nakamura, Toru Iwaki

    The neurodegenerative process of the mouse trigeminal motor nucleus after nerve injury
    XVIIth International Congress of Neuropathology (Austria)
    U. 基礎医学

  • Yuichi GOTO, Shintaro KAWANO, Jun-nosuke HAYASHIDA, Tatsuya IKARI, Takeshi TOYOSHIMA, Tokutaro MINAMIZATO, Takahiro KIYOSUE, Ryota MATSUBARA, Kazunari OOBU, Yuji SHIRATSUCHI, Yoshihide MORI, Seiji NAKAMURA

    Resistant factors of the conservative therapy to BRONJ, 10th Congress of the European Association of Oral Medicine incorporating the World Workshop on Oral Medicine
    10th Congress of the European Association of Oral Medicine incorporating the World Workshop on Oral Medicine (London)
    W. その他

  • 後藤雄一,川野真太郎,南里篤太郎,清末崇裕,松原良太,林田淳之將,碇 竜也,蔵原慎一,大部一成,竹之下康治,森 悦秀,白土雄司,中村誠司

    ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の臨床的検討 — 保存的治療におけるリスクファクター —
    第55回日本口腔外科学会総会 (幕張)
    W. その他

  • 鈴木華子

    Cutaneous epithelioid angiomatous nodule の1例
    第315回 九州, 沖縄スライドコンファレンス (福岡)
    W. その他

  • 舟久保 立, 森山雅文, 川野真太郎, 清島 保, 小林家吉, 河津俊幸, 梯 裕恵, 田中昭彦, 前原 隆, 中村誠司

    下唇に生じた軟骨脂肪腫の1例
    第78回 日本口腔外科学会九州地方会(福岡)
    W. その他

  • 後藤雄一,川野真太郎,南里篤太郎,清末崇裕,松原良太,林田淳之將,碇 竜也,蔵原慎一,大部一成,竹之下康治,森 悦秀,白土雄司,中村誠司

    ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の臨床的検討 — 保存的治療におけるリスクファクター —
    第55回 日本口腔外科学会総会 (幕張)
    W. その他

2009年

誌上発表
  • 中村誠司

    唾液分泌量の測定(第3章 診断手技・手法)
    シェーグレン症候群の診断と治療マニュアル
    診断と治療社 2009

  • 中村誠司

    口腔内が乾燥している時の口腔ケアについて教えてください
    口腔カンジダ症患者の口腔ケア法を教えてください
    アフタ性口内炎のある患者さんの口腔ケア法を教えてください
    徹底ガイド 口腔ケアQ&A ―すべての医療従事者・介護者のためにー
      総合医学社 2009

  • 中村誠司

    ドライマウスとその対応
    看護のための最新医学講座(第2版)第23巻 歯科口腔系疾患
    中山書店 283-292. 2009

  • Hayasaki, H., Ishibashi, M., Nakamura, S., Fukumoto, S., and Nonaka, K

    Dentigerous cyst in primary dentition: case report of a 4-year-old girl
    Pediatr. dent 31: 118-120 2009.
    E. 嚢胞性疾患

  • Sonoda A, Iwamoto T, Nakamura T, Fukumoto E, Yoshizaki K, Yamada A, Arakaki M, Harada H, Nonaka K, Nakamura S, Yamada Y, Fukumoto S.

    Critical role of heparin binding domains of ameloblastin for dental epithelium cell adhesion and ameloblastoma proliferation
    J Biol Chem 284: 27176-84 2009.
    F. 歯原性腫瘍

  • 蔵原慎一, 中村誠司, 鬼丸満穂, 石橋浩晃, 佐々木匡理, 白砂兼光

    1歳児の下顎骨に生じた小円形細胞腫瘍の1例
    日口外誌 55: 305-309 2009.
    F. 歯原性腫瘍

  • Toyoshima T, Vairaktaris E, Nkenke E, Schlegel KA, Neukam FW, Ries J.

    Haematogenous cytokeratin 20 mRNA detection has prognostic impact in oral squamous cell carcinoma: Preliminary results
    Anticancer res 29: 291-7 2009.
    H. 悪性腫瘍

  • Toyoshima T, Koch F, Kaemmerer P, Vairaktaris E, Al-Nawas B, Wagner W.

    Expression of cytokeratin 17 mRNA in oral squamous cell carcinoma cells obtained by brush biopsy: Preliminary results
    J. oral pathol med 38: 530-4 2009.
    H. 悪性腫瘍

  • Kaemmerer P, Kreft A, Toyoshima T, Al-Nawas B, Klein MO.

    Misleading initial histological diagnosis of a polymorphous low grade adenocarcinoma in situ ex pleomorphic adenoma – A case report
    Oral Maxillofac Surg 13: 99-103 2009.
    H. 悪性腫瘍

  • Spyridonidou S, Yapijakis C, Nkenke E, Toyoshima T, Vylliotis A, Serefoglou Z, Neukam FW, Patsouris E, Vairaktaris E.

    A common 9 bp deletion in the ataxia-telangiectasia-mutated gene is not associated with oral cancer
    Anticancer Res 29: 3191-3 2009.
    H. 悪性腫瘍

  • 中村誠司

    ドライマウスの分類と診断
    日口外誌 55: 169-176 2009.
    K. 唾液腺疾患

  • Shimizu, M., Moriyama, M., Okamura, K., Chikui, T., Goto, T., Ohyama, Y., Nakamura, S., and Yoshiura, K

    Sonographic diagnosis for Mikulicz disease
    Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 108: 105-13 2009.
    S. X線

  • Yoshihiro Seki, Satoshi O. Suzuki, Seiji Nakamura, Toru Iwaki

    Degenerative and protectice reactions of the rat trigeminal motor nucleus after removal of the masseter and temporal muscles
    J Oral Pathol Med 38: 777-84 2009.
    U. 基礎医学

  • Mizoguchi Yoshito, Monji Akira, Kato Takahiro, Seki Yoshihiro, Gotoh L, Horikawa H, Suzuki SO, Iwaki T, Yonaha M, Hashioka S, Kanba S

    Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) induces sustained elevation of intracellular Ca2+ in rodent microglia
    J Immunology 183: 7778-86 2009.
    U. 基礎医学

  • von Wilmowsky C, Pohle D, Rechtenwald T, Meisel U, Schmidt M, Lutz R, Srour S, Münstedt H, Rupprecht S, Toyoshima T, Nkenke E, Schlegel KA.

    In-vivo evaluation of ß-TCP containing three-dimensional laser sintered polyetheretherketone composites: an experimental study in the pig
    J. bioact. compat. polym 88: 165-71 2009.
    W. その他

学会発表
  • 梯 裕恵, 白土雄司, 林田淳之將, 和田尚子, 北原 亨, 名方俊介, 中村誠司

    両側下顎枝垂直骨切り術を行った軟骨無形成症の1例
    第19回 日本顎変形症学会総会(仙台)
    A. 奇形

  • 中間友美, 笹栗正明, 光安岳志, 松村香織, 新井伸作, 中村誠司 , 緒方祐子, 松崎幸代

    構音障害を有する口蓋裂患者の語音弁別に関する検討
    日本口蓋裂学会
    A. 奇形

  • 林田淳之将, 白土雄司, 北原 亨, 梯 裕恵, 野口 翠, 森 康一郎, 中村誠司

    下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症に対する組み合わせ術式 (下顎枝矢状分割術+下顎枝垂直骨切り術) の検討
    第19回 日本顎変形症学会総会(仙台)
    B. 発育異常

  • 二階堂太郎, 中尾 祐, 白土雄司, 林田淳之将, 南里篤太郎, 北村亮二, 中村誠司

    下顎骨骨折後の下顎枝矢状分割術中に再骨折を認めた1例
    顎顔面外傷学会(北海道)
    B. 発育異常

  • 後藤雄一, 川野真太郎, 中尾 祐, 南里篤太郎, 見立英史, 梯 裕恵, 松原良太, 大部一成, 白土雄司

    保存的治療が有効であったビスフォスフォネート関連顎骨壊死 (Stage 3) の2例
    第77回 日本口腔外科学会九州地方会(福岡)
    C. 炎症性疾患

  • 南里篤太郎, 立石康一郎, 北村亮二, 神田詩織, 筑井徹, 川野真太郎, 笹栗正明, 中村誠司

    頭頸部領域に感染巣を伴わない炎症性の頸部リンパ節腫脹の診断, 治療に関する検討
    第63回 日本口腔科学会学術集会 (浜松)
    C. 炎症性疾患

  • 南里篤太郎, 中尾 祐, 北村亮二, 二階堂太郎, 白土雄司, 中村誠司

    観血的整復固定を行った顎骨骨折症例における術後感染の検討
    顎顔面外傷学会(北海道)
    D. 外傷

  • 松原良太, 川野真太郎, 清末崇裕, 後藤雄一, 吉賀大午, 豊嶋健史, 梯 裕恵, 大部一成, 中村誠司

    口腔扁平上皮癌における上皮幹細胞マーカー(p63, p75NTR)の発現
    第54回 日本口腔外科学会総会 (札幌)
    H. 悪性腫瘍

  • 田中昭彦, 森山雅文, 川野真太郎, 大部一成, 中山英二, 矢内雄太, 大山順子, 窪田泰孝, 竹之下康治, 吉浦一紀, 白砂兼光, 中村誠司

    顎顔面領域における節外性悪性リンパ腫の臨床的検討
    第63回 日本口腔科学会学術集会 (浜松)
    H. 悪性腫瘍

  • 中尾 祐, 川野真太郎, 大部一成, 神田詩織, 見立英史, 坪口哲朗, 中村誠司

    妊娠後期に初診した舌癌の治療経験
    第54回 日本口腔外科学会総会 (札幌)
    H. 悪性腫瘍

  • 後藤雄一, 川野真太郎, 鈴木華子, 大部一成, 中尾 祐, 森 康一郎, 白土雄司, 清島 保, 小林家吉, 中村誠司

    著明な嚢胞化を伴った顎下腺多形腺腫の1例
    第54回 日本口腔外科学会総会 (札幌)
    H. 悪性腫瘍

  • 中尾 祐, 大部一成, 光安岳志, 川野真太郎, 新井伸作, 後藤雄一, 中村誠司

    再建手術施行症例における術後感染の検討
    第63回 日本口腔科学会学術集会 (浜松)
    H. 悪性腫瘍

  • 中尾 祐, 大部一成, 笹栗正明, 川野真太郎, 田中昭彦, 碇 竜也, 竹之下康治, 中村誠司

    九州大学病院脳神経外科と連携して手術を施行した4症例
    九州地区口腔癌治療研究会 第13回学術講演会
    H. 悪性腫瘍

  • 山本晴久

    高齢者における摂食, 嚥下機能の臨床的検討
    日本摂食嚥下リハビリテーション学会(名古屋)
    I. 口腔機能

  • 山本晴久, 大部一成, 林田淳之將, 森山雅文, 篠崎昌一, 坪口哲明, 中村誠司,

    療養型病床付病院等に入院中の高齢者における摂食・嚥下障害とドライマウスの関連についての臨床的検討,
    日本口腔ケア学会第6回学術大会
    I. 口腔機能

  • 笹栗正明, 光安岳志, 飯田政和, 見立英史, 吉賀大午, 北村亮二, 豊嶋健史, 中尾 祐, 中村誠司

    顎口腔領域遊離組織移植における血行障害の原因についての検討
    第54回 日本口腔外科学会総会 (札幌)
    I. 口腔機能

  • Shouichi Shinozaki, Jun-nosuke Hayashida, Masafumi Moriyama, Keiko Hamanaka, Akihiko Tanaka, Haruhisa Yamamoto, Sakae Minami, and Seiji Nakamura

    Relationship between Oral Microbial Flora and Symptoms in Patients with Dry Mouth
    平成20年度合同国際シンポジウム(福岡)
    K. 唾液腺疾患

  • 篠崎昌一, 林田淳之將, 森山雅文, 浜中恵子, 田中昭彦, 前原 隆, 山本晴久, 南栄, 中村誠司

    ドライマウス患者における口腔内細菌叢の変化と口腔症状との関連
    第19回 日本口腔粘膜学会総会学術総会(神奈川)
    K. 唾液腺疾患

  • 篠崎昌一, 林田淳之將, 森山 雅文, 田中昭彦, 前原 隆, 浜中恵子, 山本晴久, 南 栄, 中村誠司

    ドライマウス患者におけるCandida 属の菌種と口腔粘膜症状の関連性についての検討
    第54回 日本口腔外科学会総会(札幌)
    K. 唾液腺疾患

  • Shouichi Shinozaki, Jun-nosuke Hayashida, Masafumi Moriyama, Keiko Hamanaka, Akihiko Tanaka, Takasi Maehara, Haruhisa Yamamoto, Sakae Minami, and Seiji Nakamura

    Close Association between Oral Microbial Flora and Dental Diseases in Patients with Dry Mouth
    10th International Symposium on Sjögren's syndrome(Brest)
    K. 唾液腺疾患

  • 前原 隆, 森山雅文, 川野真太郎, 立石康一郎, 林田淳之將, 田中昭彦, 大山順子, 中村誠司

    口腔扁平苔癬, 口腔カンジダ症を伴ったGood症候群
    第19回 日本口腔粘膜学会総会学術総会
    K. 唾液腺疾患

  • 森山雅文, 中村誠司

    ミクリッツ病/IgG4関連疾患の病態形成におけるサイトカインの関与
    第3回 IgG4研究会(神戸)
    K. 唾液腺疾患

  • 森山雅文, 中村誠司

    Possible involvement of cytokines in the pathogenesis of Mikuliçz’s disease
    10th International Symposium on Sjögren's syndrome(Brest)
    K. 唾液腺疾患

  • 林田淳之將, 大山順子, 森山雅文, 中村誠司

    M3 型ムスカリン受容体アゴニストによるドライマウスの治療
    九州シェーグレン症候群研究会(福岡)
    K. 唾液腺疾患

  • 田中昭彦, 中村誠司

    ミクリッツ病の病態形成におけるサイトカインの関与 –シェーグレン症候群との相違点–
    第18回 日本シェーグレン症候群学会(福岡)
    K. 唾液腺疾患

  • 田中昭彦, 中村誠司

    Relationship between Candida species and oral mucosal diseases in patients with dry mouth
    10th International Symposium on Sjögren's syndrome(Brest)
    K. 唾液腺疾患

  • 尾崎康彦, 小林 碧, 安河内篤, 川久保友世, 国松己歳, 山本健二, 杉浦 真弓

    反復流産患者の妊娠初期におけるcathepsin Eの存在と意義
    第14回 日本病態プロテアーゼ学会
    U. 基礎医学

  • Atsushi Yasukochi, Tomoyo Kawakubo, Seiji Nakamura and Kenji Yamamoto

    Combination of cathepsin E and the anticancer drug doxorubicin for enhanced cytotoxicity of human prostate carcinoma cells
    6th General Meeting of the International Proteolysis Society: IPS2009, (Surfers Paradise, Austraria)
    U. 基礎医学

  • Tomoyo Kawakubo, Atsushi Yasukochi and Kenji Yamamoto

    Association of Cathepsin E Deficiency with Transition from Normal Development to Neoplastic Lesions in Mammary Glands
    6th General Meeting of the International Proteolysis Society: IPS2009, (Surfers Paradise, Austraria)
    U. 基礎医学

  • 加藤隆弘, 門司 晃, 安川圭司, 溝口義人, 堀川英喜, 関 善弘, 与那覇めぐみ, 橋岡禎征, 韓 連熙, 内海英雄, 神庭重信

    活性化培養ミクログリア由来のフリーラジカル, 炎症性サイトカイン産生への非定型抗精神病薬の影響
    第62回 日本酸化ストレス学会(九大百年講堂)
    U. 基礎医学

  • 鈴木華子, 鬼丸満穂, 中村誠司

    扁平上皮癌におけるpodoplaninの発現とリンパ節転移との病理学的検討
    第63回 日本口腔科学会学術集会 (浜松)
    U. 基礎医学

  • 園田 聡, 福元 敏, 中村誠司

    エナメル基質蛋白, ameloblastinがエナメル上皮腫細胞株AM-1に与える影響に関する研究
    第63回 日本口腔科学会学術集会 (浜松)ポスター賞受賞
    U. 基礎医学

  • Sanematsu K, Shigemura N, Jyotaki M, Nakamura S, Imoto T, Ninomiya Y

    Identification of the interaction sites for anti-sweet substances; Gymnemic acid and Gurmarin
    The International Jyoint Symposium”Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration”and ;Oral Health Science;(福岡)
    U. 基礎医学

  • Sanematsu K, Shigemura N, Jyotaki M, Nakamura S, Imoto T, Ninomiya Y

    Identification of the Interaction site for Gymnemic acid at the sweet taste receptor T1R2+T1R3
    31th Annual Meeting of the Association for Chemoreception Sciences(Salasota, USA)
    U. 基礎医学

  • 實松敬介, 重村憲徳, 上瀧将史, 中村誠司, 井元敏明, 二ノ宮裕三

    ヒトT1R2/T1R3に対するギムネマ酸の相互作用部位の同定
    日本味と匂学会第43回大会(旭川)
    U. 基礎医学

  • 樋口 崇, 吉川博政, 福元俊輔, 吉田将律, 山本千佳

    ガイドラインの紹介
    第54回 日本口腔外科学会総会(札幌)
    W. その他